旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:'09Apr. 淡路島( 3 )

奇跡の星の植物館

d0106242_2343436.jpg
d0106242_2344747.jpg

春の代表、チューリップ。
珍しい品種も定番も、本当にたくさん咲いていた。

淡路夢舞台の目玉は、日本一の規模を誇る「奇跡の星の植物館」。
優に3階建てのビルほどの高さのある温室に、テーマ展の度に入れ替わる植物たち。
その規模とデザインにただ、ただ目を見張るばかり。
d0106242_2335510.jpg
d0106242_234931.jpg

植物とオブジェが見事にマッチしていて、温室と言うより美術館?!
d0106242_2342175.jpg

サボテンだけど、ハート?かわゆい・・・。
d0106242_235193.jpg

まるで布のように垂れ下がる杉。
他にも雲南省の植物の原種や、珍しい植物がいっぱいだから、やはり温室?!
[PR]
by melissan | 2009-04-09 23:00 | '09Apr. 淡路島

淡路夢舞台

ウェスティンホテル淡路があるのは国営明石海峡公園と隣接する淡路夢舞台
ここには、ホテル、レストランショップ棟、奇跡の星の植物館の建築物、
百段苑、プロムナードガーデン、野外劇場、国際会議場が点在している。
すべて安藤忠雄の壮大な構想、デザインの元に作られた。
d0106242_2236252.jpg

レストラン&ショップは、ホテルから水の階段をくぐって歩いていくことが出来る。
d0106242_2236161.jpg

いたるところにしかけがあって、案内もわざと少なくしてあるようで、
迷いながら、でもその度に新しい発見をしながら、散策できるようになっている。
d0106242_22362965.jpg

すべて彼らしいコンクリート打ちっぱなしの外壁。
それが、妙に淡路の自然にマッチしていて、すばらしい。
d0106242_22364225.jpg

[PR]
by melissan | 2009-04-08 22:32 | '09Apr. 淡路島
d0106242_22324100.jpg

ホテルのパンフレットの表紙にもなっているロビーラウンジのソファ。
ゆりの花のデザインと鮮やかな色。
そして、座り心地もなかなかで、下にローラーがついていて、移動も楽。
部屋のソファも色デザイン共に素晴らしかったが、
何よりミニタイヤがついていて移動可能なデザインが素晴らしい。
調べたら、Masanori Umedaという日本人デザイナーの作品だった。
我が家にもほしい~~~。

淡路島で行われた花博にあわせて作られた「ウェスティンホテル淡路」。
完成直後に泊まった友人が絶賛していたのが忘れられなくて、
9年後ようやくこの地を訪れることに。
安藤忠雄の建築物というだけで、震えが来るほどの興奮。
d0106242_2233632.jpg

すべての部屋からは大阪湾が一望できる。
「春の海、ひねもす のたりのたりかな。」
思わず口をついて出てしまうほど、穏やかな海。
プロバンスを思わせる色使いの部屋の中にも海が。(別の場所にはヒトデが並んでいた。)
d0106242_2234928.jpg

ホテルの外にも海が感じられる場所がある。
名づけて「貝の浜」。
二枚貝が敷き詰められている。
[PR]
by melissan | 2009-04-07 22:14 | '09Apr. 淡路島