旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:'04Jan. New Orleans( 5 )

パイナップルの意味

d0106242_16435140.jpg

ニューオーリンズで買ったお土産の写真立て。

アメリカでは、インテリアによくパイナップルの柄を見かける。
プランテーションハウスでも、ベッドルームのテーブルにパイナップルがどんと一個。
ガイドさんが"Do you know why?"と意味ありげに微笑むので、一同"Why?"
(アメリカ人も聞くということは、私だけじゃなかったんだ!とちょっと安心。)

当時、パイナップルは大変貴重、高価なものだった。
そのパイナップルを部屋に置くということは、お客様に
「あなたをそれだけ歓待しているのです。」とアピールすることになるのだとか。
つまり、パイナップルは歓迎、友愛の意味。
そういえば、ロードアイランドのプロビデンスのイタリア人街でも、入口の門には
銅製のパイナップルがつるされていた。

ちょっとした生け花のように置いてあるだけで存在感のあるパイナップル。
歓迎の気持ちを表し、熟すにつれて香りも楽しめ、食べればHappy。
一石二鳥も三鳥も効果のある果物だった。
[PR]
by melissan | 2009-09-14 16:42 | '04Jan. New Orleans

ルイジアナの州都

ニューオーリンズが有名なので影が薄いが、
ルイジアナ州の州都はバトンルージュ。(テストに良く出るんだよねぇ。)
この二つの町の間を、ミシシッピ川に沿って、プランテーションハウスが点在している。
プランテーション、つまり植民地時代に入植者達が建てた豪邸である。

一番印象に残ったのは、Oak Alley。
d0106242_1682511.jpg

樹齢250年のオークが左右に28本並んでいるので名づけられた。
d0106242_16843100.jpg

南部の気温と湿度の高さが、オークをこんなにも大きく、躍動感ある姿にしたのだろうか?
d0106242_169120.jpg

建物の中は、当時の豪華な生活をそのまま再現してある。
説明をしてくれるガイドさんが黒人なのが、なんとも言えず・・・。
[PR]
by melissan | 2009-09-13 15:57 | '04Jan. New Orleans

ルイジアナ州名物

「ニューオーリンズに行くならぜひ見てきて。」といわれたので、早速。
d0106242_15325983.jpg

The Ghost of the Mississippiと呼ばれている白ワニ。
ホントに真っ白。
ディズニーランドのカリブの海賊のスタートは、ルイジアナのスワンプ。
何か出てきそうで、ただでさえ怖いのに、こんなのに出会ったら、もう・・・@ @;

と言いながら、ホンモノのスワンプでホンモノのワニに会いたい!
ということで、スワンプツアーに参加。
d0106242_15543222.jpg

布が垂れ下がっているような独特の木、鷺や亀、といったいかにも南部の景色を
眺めながらボートはスワンプの奥へと・・・。
d0106242_15545024.jpg

さすがにうようよとまでは行かなかったが、見ることは出来た。
何より、子ワニに触ることが出来て、満足。
ガイドさんが飼っているのだそうで。(!)
d0106242_1533212.jpg


ニューオーリンズの水族館の目玉が白ワニなら、
ニューオーリンズの動物園の目玉はホワイトタイガー。
こっちは、それほどめずらしくないから、行かなかった。
[PR]
by melissan | 2009-09-12 15:56 | '04Jan. New Orleans
連想ゲームのように、ガンボから続いている回想録。
ニューオーリンズといえば、やっぱり、
d0106242_1532477.jpg

ジャズ。しかもストリートジャズ。
ジャクソンスクエアには、演奏の順番を待つ人がたくさん。
このホルン、お手製かな。
d0106242_1544373.jpg

ジャクソンスクエア南側の土手から北を見ると、町のシンボル、サンルイ大聖堂。
d0106242_15293711.jpg

そして、南を見ると、町とほぼ同じ高さのミシシッピ川。
トムソーヤの冒険に出てくるような蒸気船のクルーズもここから出発。

「ここって、川より低いんだねぇ。」と無邪気に驚いていた娘。
翌夏の惨劇を予見していたかのよう・・・。
d0106242_153669.jpg

観光局の建物の前にはMardi Grasを髣髴とさせる置物が。
d0106242_152496.jpg

Louisiana Purchase200周年を祝う垂れ幕も。
ナポレオンからたった1500万ドルでルイジアナ州を買い取ったアメリカ。
アラスカもそうだけど、良い買い物するよねぇ。
[PR]
by melissan | 2009-09-11 15:00 | '04Jan. New Orleans
d0106242_14475022.jpg

ガンボを食べると思い出すのは、2004年に訪れたニューオーリンズ。
オクラを教えてもらったり、知り合いがマルディ・グラを見に行ったり、と
急に身近に感じられたニューオーリンズ。
くしくも2003年はルイジアナ州がアメリカに売却されて200年という節目。
マスコミで目にする機会も増えて、行ってみたい気持ちが高まった。
翌年、ハリケーンカトリーナによってあのような大惨事を迎えるとは予想だにせず、
恒例の”避寒”旅行に行ったのだった。
d0106242_1448136.jpg

何度も歩いたフレンチクォーター。
南部らしい植物とアイロンレースの建物が目を引く。
フランス人入植者たちのセンスのよさ、いまだに魅力的。
d0106242_14483373.jpg

外観も素敵だが、中に入ると、更に居心地の良い空間。
何度も「一休み」してしまった。
d0106242_14585727.jpg

[PR]
by melissan | 2009-09-10 14:31 | '04Jan. New Orleans