旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:'12Aug. 北欧4カ国( 18 )

d0106242_9532733.jpg

山中教授が、ストックホルムに到着された。
車には、メダルの模様。

我が家にもあるぞ!
って、これはチョコレート。
ノーベルさんが描かれているのと、
市庁舎が描かれているのと、二種類ある。

今夏訪問した場所がニュースで取り上げられる度、食いついてしまう。

d0106242_953784.jpg

最初に訪れるのは、ガムラスタンのノーベル賞博物館だそう。
既に、サインするイスが決まってるんだ!

d0106242_9525194.jpg

市内のコンサートホールで、授賞式。
前の広場は、毎日、様々なマーケットが開かれている。
さすがに、授賞式の日は、お休みになるのかな。

d0106242_9524052.jpg

川沿いの市庁舎の「青の部屋」で晩餐会。

それぞれの場所は、結構離れているので、
この時期は、ノーベル賞受賞者関係の人が町中を移動しているということか。

本当にノーベル賞の街なんだな。

d0106242_1034118.jpg

娘から届いた先週末のストックホルム郊外の写真。
寒そう〜!!
山中教授のお母様もいらしているし、行事は立て込んでいるし、
皆様、お体に気をつけてください。
(って、知り合いでもなんでもないのだが。。。汗)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-12-06 10:06 | '12Aug. 北欧4カ国
d0106242_0304854.jpg

今回の旅、二度目のクルーズ。
ストックホルムからヘルシンキへはシリアライン
オスロからコペンハーゲンへはDFDSシーウェイズ。

d0106242_0301987.jpg

シリアラインが典型的なクルーズシップだったのに対し、
DFDSは、モダンな雰囲気。

d0106242_0303647.jpg

ジャグジーまでついている。
(結構揺れたので、入らずじまいだったけれど。。。)

d0106242_0303391.jpg

夕食は、またまたビュッフェ。
ざりがにも、そろそろシーズンオフ、食べ納めかな。

d0106242_0304437.jpg

何かあったら、ここに集まるんだよ〜。
とでも言っているようなかもめ君。
しかし、このサイン、わかりづらい。。。

最初は船内うろうろしてみたけれど、旅の疲れもたまってきたし、
早々に爆睡し、気づけば、コペンハーゲンに着いていた。
16時間も乗っていたと言うのに。。。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-10-12 00:27 | '12Aug. 北欧4カ国

衛兵交替式@オスロ王宮

d0106242_0112150.jpg

オスロのメインストリートであるカールヨハン通りの西の端、
小高い丘の上に、王宮はある。

d0106242_011915.jpg

近そうでいて、遠く、たどり着いたときはへとへと。
中央に立っているのが、カール3世ヨハン。

d0106242_011275.jpg

こちらは、鳩ではなく、かもめがとまるのね。(笑)

d0106242_0142528.jpg

衛兵交替式に間に合うようにと、焦って来たのだが、
1時になってやってきたのはこの集団だけ。
音楽もなし。
ちょっと拍子抜け。

d0106242_0105348.jpg

身長差のある交替が、微笑ましかったので、ぱちり。
衛兵さん、皆、若い!

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-10-11 00:25 | '12Aug. 北欧4カ国

ノルウェー民族博物館

d0106242_1083413.jpg

オスロで一番見たかったのは、この、木造教会、スターヴヒルケ。

d0106242_1082945.jpg

丘を登って、最初に見えるのは後姿で、こちらが正面。

d0106242_1082544.jpg

細部にいたるまですべて木で出来ていて、バイキング船を見ても思ったが、
北欧は木の文化だとつくづく思う。

d0106242_1081270.jpg

中は真っ暗なのだが、礼拝堂には天井から光が差し込むようになっている。
壁画まで木に描かれている。

d0106242_1015465.jpg

このスターヴヒルケがあるのは、民族博物館。
ノルウェーの先住民時代から中世にかけての建築物が、
雰囲気そのままに再現されている。
当時の衣装を着た人が、当時の生活を再現していたりして、
名古屋にあった「明治村」のよう。

d0106242_1015721.jpg

まるで、ホビットの村みたい。
「ロードオブザリング」思い出しちゃった。

d0106242_10145750.jpg

中世の町並みは、ドイツっぽい?

d0106242_10144126.jpg

電話ボックスも、かわいい!

d0106242_10142796.jpg

この博物館、バイキング船博物館などとともに、
オスロの対岸、ビュグドイにある。
市庁舎前からフェリーに乗って20分ほど。
海からオスロの街の景色も眺められて、一石二鳥。

d0106242_1014167.jpg

アーケシュフース城も、海からだと、きれいに見える。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-10-08 10:25 | '12Aug. 北欧4カ国
d0106242_124568.jpg

国立美術館の入り口にしては、狭いが、彫刻が見事。

d0106242_1241651.jpg

ムンク美術館から地下鉄で移動。
意外と空いてるのね。。。

d0106242_1234538.jpg

中に入ると、やはり美術館らしい厳かな雰囲気。
とりわけ、一階のカフェは豪華で、クラシカルで、
時間があれば寄りたかった。

d0106242_1235041.jpg

さすがに「ムンクの間」は撮影禁止だったけれど、
印象派や抽象派の名画も撮影可能なんて、太っ腹。

ここでは、「叫び」と「マドンナ」が見られるのだが、
ムンク美術館で様々な時代の絵を見た後見ると、趣深い。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-10-07 12:13 | '12Aug. 北欧4カ国
d0106242_18573278.jpg

オスロでは、老舗、グランドホテルに宿泊。

d0106242_1857216.jpg

豪華な雰囲気のレストランに、

d0106242_1857495.jpg

美しい絨毯が敷かれた廊下。

d0106242_18564868.jpg

壁の絵は、ノルウェーらしい色使い。

d0106242_18562471.jpg

有名なのは、1階のグランドカフェ。
1876年創業、イプセン(やや左下、おひげのおじいさん)や
ムンク(右端、壁近くに立っているおじさま)などが
常連客として通ったと言われ、壁画には他にもいっぱい著名人が描かれている。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-10-06 19:06 | '12Aug. 北欧4カ国
d0106242_19171037.jpg

メトロの駅の壁には、大きなサインが。

d0106242_19164629.jpg

有名な絵を追って、出口へ。

d0106242_19172099.jpg

街の中を少し歩いて、到着。

ムンク美術館と言っても、あの有名な「叫び」はない。

d0106242_19162625.jpg

でも、内部は写真撮影可!
こんな優しい絵も描いていたのね〜。

d0106242_19162089.jpg

優しい色使いだけど、やっぱりムンク。

d0106242_19161121.jpg

大雨になってしまって、カフェで一休み。
ガイドブックにあった、手描きの「叫びケーキ」はなくなって、
このチョコプレートに。

d0106242_1916471.jpg

しかも、すべてのケーキに載っていて、ちょっと不気味。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-10-05 19:26 | '12Aug. 北欧4カ国
ヘルシンキからオスロへは飛行機で、一時間。
コペンハーゲン→ストックホルムは電車
ストックホルム→ヘルシンキは船
だったので、あっという間と言う感じ。

9時前に到着したにもかかわらず、チェックインが出来て、部屋で一休みし、
早速出発。。。しかし、どこも空いていなくて、閑散。。。
ならば、ノーベル賞博物館まで歩いちゃおう!

d0106242_1282453.jpg

着いちゃった。まだ開館前。
では。。。

d0106242_1284872.jpg

これで何個目になるのだろう、シナモンロール。
これで何杯目になるのだろう、カフェラテ。
どれもおいしく、ちっともあきない。

d0106242_129639.jpg

向かいには、市庁舎。こちらで、授賞式、晩餐会が開かれる。

さて、早速博物館の中へ。

d0106242_1285710.jpg

ノーベル賞と言えば、ストックホルムだが、
平和賞だけがここノルウェーで選考され、授賞式も別。

歴代の受賞者が光り輝く部屋。
見所いっぱい、平和について、考えさせられる。

d0106242_12135860.jpg

続いて、市庁舎に移動。

d0106242_1292015.jpg

ストックホルムの市庁舎に負けず劣らず、立派。

d0106242_12141180.jpg

巨大なホールを取り囲むように、たくさんの小部屋があるのだが、
その一つ一つに壁画が描かれて、部屋に入る度「Wow!」。

d0106242_12134494.jpg

晩餐会の食器。
ストックホルムのよりシンプルだけど、高級感ある〜。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-10-04 12:18 | '12Aug. 北欧4カ国

coffee break

北欧旅行記がなかなか進まない中、
北欧で買い集めたコーヒーで、コーヒーブレイク。

d0106242_1835548.jpg

ヘルシンキで、一番有名なチェーン店、「Robert'sCoffee」。
深炒りというが、あっさりした感じを受ける。

d0106242_18355585.jpg

同じくヘルシンキ、オーガニック食材店の「Eat&Joy Maatilatori」。
どの食材もおいしそうで迷ったのだが、
あまりにコーヒーが良い香りだったので、買ってみた。
これが、コーヒー専門店以上のおいしさ!

d0106242_1835379.jpg

オスロで、一番認知度の高い、チェーン店「Kaffebrenneriet」。
店内で飲んだエスプレッソがおいしかったので、
期待したのだが、選んだ豆が悪かったのか、3種類とも今ひとつ。

d0106242_18354683.jpg

それよりは、同じオスロのチェーン店「Stockfleths」の豆は、
新鮮で、深炒り(エスプレッソ用を選んだからか)で、おいしい。

d0106242_18354392.jpg

コペンハーゲンの「Coffee Collective」。
nomaのシェフの行きつけと聞いて、何度か飲んだが、
格別とは思わなかった。
(バレッソが意外においしくて、こっちの方がよく飲んだかも。)
豆は、店員さんお勧めだったのだが、グァテマラ、もとから苦手なので、。。。
夫は美味しいと絶賛。

北欧は、バリスタ世界チャンピオンがたくさんいる、コーヒー天国。
多くは、カフェオレにして飲むようだが、炒りは浅めですっきりしたものが多い。
乳製品も美味しいので、どこで飲んでも失敗がなかった。
何より、店員さんが皆コーヒーに詳しく、自分の店に誇りを持っているのが、印象的。
お勧めの豆を聞くと、うれしそうに色々説明してくれる。
後の行列がなければ、もっと聞きたいけれど、ねぇ。

スーツケースがコーヒーの香りで充満する程買い込んできたけれど、
あっという間にあとわずか。

新鮮なうちにとも思うが、名残惜しくもある。

ストックホルムだけ、時間がなくて買えなかったのが、心残り。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-10-03 19:04 | '12Aug. 北欧4カ国
d0106242_001692.jpg

歩道と自転車専用道路のマーク。
どことなく、ほのぼの。

フィンランドのデザインは、ポップでキュートな物が多いが、
どれも私のつぼにはまる。

d0106242_23585717.jpg

マーケットのお店には、クッションがいっぱい!
なんで、豚と蜘蛛と蛇と亀?!
でも、笑っちゃう。。。

d0106242_23591447.jpg

ロイヤルコペンハーゲンのトイレ前には、
やはり陶器で、こんなおしゃれなマークが。

それに対して、
ヘルシンキ市内の、とあるカフェのトイレ前。

d0106242_2359584.jpg

お〜、わかりやすい。(笑)

d0106242_2359614.jpg

え〜っと。。。(瀑)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-09-30 00:07 | '12Aug. 北欧4カ国