旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

エーグルドゥース

以前新聞記事で見かけた「ケイク」が食べたくて目白のエーグルドゥースへ。
キャラメルケイクも買いましたが、焼き菓子もたくさんあったのでいろいろと・・・。
浅めに編んだバスケットに入れてみました。
娘も私もメレンゲ大好き。よく家でも作りますが、こんなに大きいのは初めて。
しかも、しっかりした形で食べるとふわふわ、どうやるのだろう?
d0106242_9591525.jpg

こちらではすべてのお菓子にフランス語で名前がついています。
またまた、「フランス語やっておけば良かった」。

フランス料理を食べに行く度、フランスに旅行に行く度、後悔し続けるも、
老化した頭にフランス語の文法はちっとも入りません。
NHKのフランス語講座も何度挫折したことか・・・。
語学教師の恥ですねぇ。
外国語を習得した人の中には何ヶ国語も話せる人が多いけど、
私にはその才能がないようです。

語学の勉強は若い時期始めるに越したことはありません。はぁ。
[PR]
by melissan | 2007-05-31 09:58 |

ぜいたく=luxury ?

d0106242_10162778.jpg

写真はイマイチですが、菊乃井さんの豪華ちらし弁当。
(注文を受けてから作るので、時間のあるときにどうぞ。)
ちょっとしたフルコースが食べられるほどのお値段がするのですが、
具のすばらしさに惹かれて買ってしまいました。

「こりゃ、ぜいたくだ。」とオヤジのような感想をもらした娘。
今の「ぜいたく」って、どういうつもりで使ったの?
「Luxuryだって言いたかったんだけど。」
ふむ・・・。
Luxというシャンプーもあるように、Luxuryって、ゴージャスに近い意味で使いますね。
でも、日本語にすると「ぜいたく」。
ぜいたくって、なぜか罪悪感が感じられる言葉。Luxuryとは違う気がするなぁ。

二人分買って娘と二人で食べてしまった。
夫の口から出る言葉は・・・やはり「ぜいたく」。
[PR]
by melissan | 2007-05-15 10:16 |

Mother's Day

5月の第二日曜日(the 2nd Sunday)は Mother’s Day 母の日です。
古くはギリシャで、春になるとMother of GodsのRheaを祭っていたことに
由来するようですが、記録に残っている中ではイギリスで、イースターの前
40日間のレントの期間のうち、第4日曜日を”Mothering Sunday”母の日曜日
と呼び、母を讃える日としていたことに始まるようです。

現在の母の日の原型はアメリカのバージニア州から始まりました。
アメリカのバージニア州ウエブスターのメソジスト教会に長い間教会学校の
教師をしていたジャービスという婦人がいました。その後、ジャービス夫人は
亡くなり、教会で追悼会が行われることになりました。その時、娘のアンナは、
夫人の大好きだったカーネーションの花を飾ってお母さんを偲びました。
このことが列席者一同に大きな感動を与え、やがて有名な百貨店王と言われ、
後に大臣になっても教会学校の校長を続けたジョン・ワナメーカーの賛同を得、
1908年5月第2日曜日、同氏の店頭で母に感謝する会が催されたのです。
これが、母の日の始まりです。

母の日の定番は、カード、お手伝い、お花 といったところでしょうか。
アメリカでは母の日の朝、まだベッドにいるお母さんのところにパンケーキなど
を焼いて持って行き、breakfast in bedをプレゼントします。
(母としては、出来上がるまでベッドでじっと待っているのは、かなり忍耐が
要るのですが・・・)
母の日に贈られるカーネーションの色は赤が定番ですが、健在な母には赤を贈り
そうでない場合は白を贈るのが定説となっているからです。今は多種多様な
色と柄がありますし、すべての色に花言葉が決まっていないので好きなものを
贈ってよいようです。
[PR]
by melissan | 2007-05-13 10:53 | アメリカ生活

petit ful

d0106242_1535536.jpg

新宿高島屋PECKにチーズを買いに行って、隣のプチフルに目を奪われてしまった私。
迷わず全種類買って帰りました。
ミニチュアサイズとはいえ、どれも手を抜いていない、すばらしい!
プチフルの良いところは、全部一度に味見ができること。
欲張りな私に、なんてぴったりなんでしょう!

英語の勉強も似たところがあります。
英検やTOEICの問題集も1ページ目からきっちりとじゃなくて、
ぱらぱらめくってその日の気分でやってみる。
一日何分、何ページなんて決めると堅苦しくて、3日坊主になるけれど、
ともかく一日1回本に触って好きなページを好きなだけやるとだけ決めておきます。
3ヶ月もすれば、見ていないページがなくなるはずです。
毎日プチフル勉強、これなら続きそうでしょ?
[PR]
by melissan | 2007-05-01 14:58 |