旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

はじめまして。

大勢の人がすなるぶろぐというものを我もしてみむとてすなり。

って感じで何の気なしにスタートしたのが2007年2月。
でも、全く更新する気になれず、あっという間に半年たってしまいました。
今頃はじめましてというのも変なんですが・・・。

元はといえば、英語に興味のある人、英語学習に苦戦している(自分も含めて)人に向けて、
発信しようと思ったのですが、堅苦しいのは苦手。
自分自身も気楽に英語に触れていたいと思って、
日々私が触れたありとあらゆるものを載せることにしました。
カナダとアメリカで生活していた時の思い出話や、
英語に関係ない話のほうが多いかもしれないけど、
それはそれ、ご勘弁を。

このブログによって、たくさんの旅行好き、料理好き、音楽好き、映画好き、英語好き、
ナンタケットバスケット好きの方々とお知り合いになれることを楽しみにしております。(欲張り?!)
[PR]
by melissan | 2007-07-31 11:15 |    ☆ごあいさつ☆

End of the Line

Traveling WilburysのDisc1に収録されている曲。
ジョージのメロディ、美しいギター、なぜか切なく懐かしくまたしても涙・・・。(年のせいですね)
自分で歌えるようになりたいと思って一緒に歌ってみようとして・・・あれ?
アメリカ人とイギリス人とで言い回しが違うためか、
歌おうと思っても簡単には歌えないパートがあることが発覚。
アメリカ人のパートは難なく聞き取れるし口も回るけれど、イギリス人のパート、
特にジェフのパートは歌詞どおりに聞こえてこないので口が回らない。

ふと、トムとボブで作った「Tweeter and the Monkey Man」のところで、
ジョージが「アメリカーナ二人の会話が聞き取れない」ので「テープに取り、後で起こした」と
言っていたのを思い出しました。ネイティブでもそんなことがあるんですね。
ほっとしました。

この曲のビデオがまた良い!(買ってない人はこちらで。)
特にロイのソロの部分。
メンバー全員が彼を崇拝し、死後もメンバーの中に生き続けているということが
ジンジン伝わってきました。

It's all right
If you live the life you please

このコラボを実現できたジョージの実感こもった歌詞。
実生活はそう簡単には行かないですが・・・。
[PR]
by melissan | 2007-07-28 14:35 | 音楽

Traveling Wilburys

ついに今日!Traveling Wilburysコレクションが届きました。
d0106242_1581462.jpg

付属のDVDでは、ジョージやロイの懐かしい姿を再見でき、感激!
豪華なメンバーが、お互いをリスペクトし、楽しみながら曲作りや撮影をしている姿が、
まばゆく、なぜか涙が・・・。最高のミュージシャンである上に最高の友情の持ち主。
こんな関係、憧れますねぇ。女だと、こうはかないんだろうなぁ。
ジョージがインタビューで言っているように、彼らのfriendshipはこのアルバムで
preserveされたんですね。
preserveはkeepとは違い、今の最高の状態をそのまま残すといった意味が強い気がします。
こんなすごいことをやり遂げてしまうジョージのすごさ、人格、ただただ脱帽。
[PR]
by melissan | 2007-07-26 14:19 | 音楽

Independence Day

映画のタイトルにもなり、別名The Fourth of Julyとも呼ばれるこの日は、
アメリカにおいて、1年で最大のお祭りです。

1776年7月4日にDeclaration of Independence独立宣言が交付され、
イギリスからの独立が宣言されたことに基づいていますが、完全な独立は7年後、
パリ条約においてです。
また、この日がアメリカ全土で祝われるようになったのは、更に後1812年の米英戦争以降で、
1870年代にようやく国民の祝日として定着しました。
この日は家族で過ごすというより、大勢の人とバーベキューをし、アメリカ全土でも
盛大なお祭りやパレード、夜は打ち上げ花火が行われ、大騒ぎをして過ごします。
日頃から愛国心溢れる彼らですが、7月は町中に星条旗(アメリカの国旗)があふれ、
あらゆるものが赤青白や星模様になります。

一年で一番アメリカらしい日、それが7月4日、独立記念日です。日本の建国記念日は
厳かに過ごすのに対して、お祭り騒ぎをするアメリカはお国柄が良く現れている気がします。

Independence Day関連のお勧め映画
Born on the fourth of July(邦題:7月4日に生まれて 主演:トム・クルーズ)
7月4日のアメリカ独立記念日に生まれ、愛国心溢れベトナム戦争に参加した青年が
経験する、挫折と苦悩の日々を描いています。題材はベトナム後遺症問題と重いですが、
最初のパレードのシーンは雰囲気がよく出ていますし、アメリカ人が(異常に)愛国心溢れる
国民だとわかると思います。
[PR]
by melissan | 2007-07-04 10:59 | アメリカ生活