旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー

<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Happy Halloween!

d0106242_9142188.jpg
最近のJack O'Lanternは顔だけではありません。左端は娘が授業で作った地球儀、
真ん中は夫が作ったghost、右端は私が作ったspider(しかも白いかぼちゃ!)。
↓にも次の年に作った力作が・・・。(ほとんど自己満足の世界)

10月31日はHalloweenです。
公式な祭日でもないこの日をアメリカの子供たちは1年で一番楽しみにしています。
10月に入ると町のあちこちにオレンジ色(最近は白や緑も増えてきました)の
かぼちゃが置かれ、かかしや魔女、おばけなどが窓辺や庭に飾られます。
そして、31日夕方、思い思いの仮装をした子供たちがあちらこちらから現れ、
“Trick or Treat!“が始まるのです。

Halloweenとは、一言で言うと西洋版『お盆』のようなものです。
もともとは2000年以上前のケルト人の宗教的行事です。
11月1日、夏が終わり暗く寒い季節に入れ替わるこの日に、恐ろしい災いを
引き起こす神々が人間の前に現れると信じられ、その前日、死者の魂が家に戻り、
悪霊や魔女がさ迷い歩くとされていました。
そのため、人々は食べ物を集めて捧げ物をしたり、大きなかがり火を焚いて
悪霊を追い払おうとしました。この風習がキリスト教と結びつきました。
キリスト教では11月1日は万聖節で、全聖人と殉教者を記念する日、
“All Hallows’ Day“といい、その前夜祭”All Hallows’ Eve“ が縮まり
Halloweenとなったのです。

しかし、現在のような子供たちが仮装をして“Trick or Treat?”
(お菓子をくれないといたずらするよ)と言って近所の家々を訪問するイベントとなったのは、
アイルランド人がアメリカに移民するようになってからです。
”Jack O'Lantern" もアイルランドでは大きなカブでしたが、
アメリカにいっぱいあったかぼちゃを使うようになって、現在の形になりました。
d0106242_918893.jpg
雑誌に載っていておもしろかったのでトライしたワニ。
この種のパンプキンはやわらかいのでくりぬくのは意外と簡単なのです。
とはいえ、2時間くらいかかったかも・・・。(当時は暇で・・・。)

Halloween関連のお勧め映画
The Nightmare before Christmas(邦題:ナイトメアー・ビフォア・クリスマス)
題名から勘違いする人もいますが、れっきとしたハロウィーン映画。
ディズニーキャラで既におなじみですね。
現在3Dバージョンも上映中!きもかわいい~~~。
[PR]
by melissan | 2007-10-31 20:59 | アメリカ生活

祝ワールドシリーズ優勝

昨日のワールドシリーズ4日目、考査のため早帰りの娘と観てしまいました!
岡島が打たれてどうなることかと思いましたが、すばらしい!祝優勝!!
d0106242_1020183.jpg

我が家のおサルも喜んでおります。
(これは、当時Build a Bear Workshopで作ったもの。)
新聞のHP全面レッドソックス関連記事のみ。まっ、仕方ないか。

私がボストンにいた2002年、ベーブルースの呪いのためレッドソックスは
永遠にワールドチャンピオンになれないと言われていた中、
86年ぶりの優勝をした年で、異常な盛り上がりを見せていたのを覚えています。
(このときワールドシリーズ出場をかけて対戦したのがシカゴカブス。
こちらは、まだヤギの呪いが解けていません。
阪神もカーネルサンダースの呪いが解けないし、呪いは怖い。
参考までに、「呪い」は英語でcurse。同じ「呪い」でも魔法使いがかけるとspell。
「眠れる森の美女」や「美女と野獣」の「呪い」はspellです。
どっちもかけられたくないですね。)

ロッキーズが粒ぞろい(その上美形!関係ないか。)のチームに対して、
レッドソックスは個性溢れる面々。(ラミレス、君のユニフォームとヘルメット、
あやしいぞ・・・。でも、似合ってるからいいか。)
彼らを纏め上げた監督はすごいと思います。

恒例のDuck Boat Paradeも行われるそうで、(ルートはこちら。例年通りですね。)
またまたすごい盛り上がりを見せてくれるのでしょう。

レッドソックス、本拠地のフェンウェイパーク球場、そしてベーブルースの呪いなどなど、
詳しいことは、私の尊敬するこの方のHPをどうぞ。
[PR]
by melissan | 2007-10-30 10:09 | アメリカ生活
学芸大学駅の近くにある老舗、マッターホーン
夏場はお休みになってしまうここのアップルパイ、秋も深まった先日ようやく食べられることに。
何せ少人数家族のため、お客さんがいらっしゃる時でなければホール買いできない。
でも食べたい!・・・ということで、無理やりお客さんを呼んでしまいました。
d0106242_102993.jpg
パイ生地のさくさく感とクリームの程よい甘さ、
そして丁寧にカットされて並べられた林檎、
丹精込めて作られた、それでいて素朴、
秋に感謝!お客様に感謝!
そして・・・

d0106242_10305330.jpg
これまた定番のバームクーヘンを皆様へのお土産に。
無類のバームクーヘン好きの私が
自信をもってお勧めします!

[PR]
by melissan | 2007-10-27 10:17 |

英語耳ならぬ英語頭

ここまでくると、英語を口にすることに抵抗がなくなってくるのでは?
別の興味を探求する気にもなるし、
英語圏の友達と自分の興味を持った話題で盛り上がっても良いし、
テレビや雑誌も以前ほど怖がらずに見ることができるし。

こうやって英語の文を作っていると、
日本語をそのまま訳しているのではないことに気づくと思います。
特に会話に関しては、熟語をそのまま訳すと不自然にすらなります。
ビジネスマンによくいますが、日常の「買う」はbuyであって、
purchaseとは言いません。
でも、「購入する」という頭があるとつい使ってしまいます。

もちろん、properな単語を使うべきsituationはあります。
私は大学教授や政治家と語り合ったりしないので、
(ちょ~凡人ですから)
日本語でも英語でもむずかしい言葉は苦手です。
ですから、もし彼らと会話しなければならなくなったら、
一生懸命単語を覚えるでしょう。
でも、それ以外の日常会話なら、辞書なしでも何とかやっていけます。
なぜなら、break downして話せば良いのですから。

「こう言いたいんだけど、どう英語にすれば?」とよく聞かれますが、
私は「結論は?」「それで?」「だから?」などと、
具体的に質問していき、言おうとしていることをbreak downさせて、
それを英語に直すように言います。
そうすると、たいていは自分一人で英文にすることできます。
「そんなんで良いの?」と拍子抜けしてしまうかもしれませんが、
アメリカ人のフツーの人だったらみんなそんな感じでしゃべってます。

このbreak downという作業こそ、英語的発想、英語頭なのです。

第5文型は、英語の文法を習った人なら誰でもご存知。
これは日本人のために作られたものです。
なぜなら、英語は日本語と語順が違うから。
主語の後にいきなり動詞が来る。これって、思いっきり英語頭ですよね。
でも、まず「だれがどうした」って事が肝心なんです。それを伝えたいんです。
それから、他に言いたいことを加えていけばよい。その際も、
身近なところから離れていく(I live in Minatoku, Tokyo, Japan.や、
I wake up at 8:00 in the morning.のように。)とか、
抽象的なものは段々に詳細を言っていく(I don't think it's good.
I don't like it's color. I think you should change it little brighter.
のようにだんだん細かくなっていきますね。)などなど。

英語圏の人々の発想に近づきたいと思っているうちに、
まずは自分の考えをbreak downすることが一番だと思いました。
そうすれば、平易な単語や表現でかなりのことが話せます。
これが更なる上達への第一歩です。

あれ?ここで最終段階じゃなかったっけ?
う~ん、悲しいかな。
日本人はなかなかここまで到達しないのに、
目標をかなり高く設定しちゃうんですね。
そして挫折する。
だから、これは、
「英語何年やっても話せない、あるいは話せないと思い込んでいる人」
にとっての最終段階。
実はまだ上がある・・・。
[PR]
by melissan | 2007-10-26 09:37 | 英会話講師生活
Simon & Garfunkelのこの歌には「明日に架ける橋」という邦題がついています。
うまいですねぇ。
英語でも「荒れた海」は人生の荒波をたとえているのですから、
その荒波を乗り越えた先に「明日」があるわけで、この名訳がついたのでしょう。
d0106242_12201813.jpg

写真は荒波どころか水もないところに架けられた橋。
三度ナンタケット島から。
橋の下は海へと続く道になっているのでした。
要は別荘への近道。
a bridge over the hassleといったところでしょうか。

しつこく続く英語ネタ。今日は第三段階。
口も滑らかになってきたら、自問してみてください。

「英語を使ってどこに橋を架けたいのか」

海外旅行をしたければ旅行用語を、
料理のレシピが読みたければ料理用語を、
音楽の幅を広げたければ音楽用語を、
芸能人ゴシップに精通したければ業界用語を、
時事問題を語りたければ時事用語を、・・・・・

単語集で3000語覚えたと言っても、その中に自分の知りたい分野の単語は
いくつも出てきません。
それぞれ深く掘り下げないと「語る」所までは行きませんよね。
まずは一つ徹底して知りたい分野を決めて、
それについて本や雑誌やテレビなどで勉強してください。
興味がある分野に絞っているのですから、
「もっと知りたい」と思うはずです。

今の世の中、情報源は家にいてもみつけられます。
人から覚えろといわれた単語は覚えません。(断言!)
でも、興味を持った単語は覚えます。使い方も自然です。
(クラスの子供達も「これって英語でなんて言うの?」と聞いてきた単語は
すぐ使うし、よく覚えています。)

こうやって語彙を増やしてください。知りたい分野だけと思っていたのが、
いつの間にか、かなり広範囲の単語を覚えていることでしょう。
第三段階終了。いよいよラストスパート。
[PR]
by melissan | 2007-10-25 08:47 | 英会話講師生活
またまたナンタケット島から。
シスコンセットという、超高級別荘地。
d0106242_11411354.jpg

題して、「長い道のり」。
写真の道がというのではなく、この別荘を買えるようになるまでの
道が・・・長い、長すぎる、おそらく永遠にたどり着けない。

っと、横道にそれました。
英語上達への「長い道のり」という意味でした。(またまた、無理矢理。)

英語を、毎日口にする時に気をつけるのは、発音。
日本語にない発音(th、r、l、f、vなど)は、
つい日本語に近い音に置き換えて発音してしまいますが、
意識してしっかり言ってみましょう。
aの音のように、いろいろな発音があるものは、しっかり言い分けて。

最近の英語教授法に取り入れられるようになったもので
フォニックスというのがあります。
アルファベットには、漢字のようにいろいろな読み方があります。
そのルールのことをフォニックスと言います。
詳細は置いといて・・・。

日本語の「あ」は「ア」という名前で「ア」としか発音しませんが、
英語の「e」は「イー」という名前ですが、それが持つ基本の音は「エ」。
こういったフォニックスをきちんと身につけると、
正しく発音しようという意識が生まれます。
新しい単語を読むのが怖くなくなります。

いろいろなHPやブログ、本があるので、その中から一つ決めて勉強してください。
字の読めない子供は耳から覚えるのですが、大人はどうしても「読んで」しまう。
年をとればとるほど、英語が日本語化しやすいので、意識して直していきましょう。

まずはアルファベット、次に単語、その次に文。
アクセントやイントネーションも英語らしくはっきり(わざとらしく)言いましょう。
さらに、want to やgoing to、it's aやwhat aなどの発音、
などなどくっついたり違った発音になったりするのも加えていきましょう。
あってるかどうか聞いてもらえる人がいるとより良いですね。

さぁ、通勤通学途中のひとり言、かっこよく言える様になると、
英語らしい言い回しにもトライしたくなりますね。

"Oh, my goodness." "No way." "I can't believe it!"

などなど、感嘆詞も加えて、より会話らしく言ってみましょう。
「ちょっと外国人ぽいかも・・・」
と、うれしくなってきたら、第二段階終了。
[PR]
by melissan | 2007-10-24 11:10 | 英会話講師生活
昨日に引き続き、英語ひとり言。
登校時、出勤時、こんなことをよく考えてたものです。
英語にすると、無意識にいろいろな文法を使ってるんだと思いますね。

I'm so sleepy. Why should I go to school early everyday?
Oh, no. Today I have a quiz. What am I going to do?
Look at those piseons. I wish I could be a bird!
(眠いよ~。なんで毎朝早く学校行かなきゃ行けないわけ?!
あ~~っ、そういえば今日小テストあるんだ。どうしよ?
あいつら見てよ、ほら、あの鳩。いいよなぁ。私も鳥になりたい!)

Oh, what a nice dress she 's wearing!
I like that color. But I know it doesn't suit me at all.
(あら、あの人の服、素敵ね。あの色、最高!
でも、どうせ私には似合わないもんねぇ。)

Boy, these high heels are killing me!
I have to change them soon after arriving at my office.
Tonight I'm having a party, and I don't want to sit down the whole time.
What?! It's already past 8:00! I'd better hurry!
(痛~~。このヒール痛いよぉ。会社着いたら即効履き替えなきゃ。
今日のパーティ、ずっと座ってるなんて冗談じゃないもん。
うそ、もう8時過ぎてるじゃない。急がなきゃ。)

どうでしょう。簡単だけど、意外に考えちゃいますよね。
止まってしまうくらいなら、決まり文句を繰り返すだけでも良いと思います。
[PR]
by melissan | 2007-10-23 08:30 | 英会話講師生活
季節はずれですが、私の大好きなナンタケット島(マサチューセッツ州)の写真。
d0106242_11321439.jpg
題して、英語上達への「入口」。(無理矢理・・・)

何年勉強しても英語がしゃべれない。
よく聞くし、実際そういう人を何人も見てきました。
私もその一人でした。

でもね・・・

日本語だって、長い年月をかけて、今の自分のスタイルを作り上げてきたはず。
自分が普段しゃべっていることをそのまま英語に訳せばいいと
勘違いしている人が多いですが、慣習文化が違うので、そう簡単には行きません。

日本では人に会ったとき「お元気ですか?」という人はまずいません。
でも、アメリカではスーパーの店員さんでも「How are you?」が第一声です。

こういったことは、いろいろな場面に遭遇して、肌で覚えるしかありません。
語彙に関しても、幼稚な言葉から教養ある大人の言葉への進化は
一朝一夕に成るものではありません。

では、日本にいる私たちはどうやって身につけたらよいのでしょう?
テレビやラジオ、インターネットを利用した英語学習、そして
(手前味噌ですが)英会話学校などが考えられます。
ポイントを既に絞り込んでくれているので、無駄がありません。
現地で1ヶ月かけて身につけた表現をたった5分で覚えられる。

私も時々テレビの英会話レッスンを見ることがありますが、
最近はバリエーションも増えたし、おもしろくなったし、大変参考になります。
しかしすぐに忘れます。(昔から暗記は苦手^ ^;)
ここが、時間をかけて体で覚えるのとは違うところです。
安易なだけに忘れるのも早い。応用が利かない。

ということで、ここからが私のお勧め!

まずは決まったことを口にしてみてください。

毎日、通勤通学で見聞きしたこと、感じたことを英語にしてひとり言を言ってみる。
routine workだから、同じ言い回しや語彙が何度も出てくると思います。
どこかで習った表現も「ここで使えるかも。」と思いつくようになったらしめたもの。
始めは単語2、3語でもかまいません。
そのうち、文章で、それも2文3文と出てくるようになります。
あまり欲張らず、気負わず、毎日続けましょう。
これはどう言ったらいいのかな?とか、こんな表現であってるのかな?
と思ったら、辞書を引くなり英語の先生に聞くなりしてみてください。

「なんか、最近同じことばかり言ってるなぁ。」
と感じるようになったら、第一段階終了。
体が覚えた証拠です。
[PR]
by melissan | 2007-10-22 12:18 | 英会話講師生活

All the king's men

毎度のこと、DVDになるまで待ってやっと見られました、この映画

ショーンペンのすごいところは、役になりきるけど、地のままのところ。
ミスティックリバー」では、思いっきりニューイングランド訛りで、
ボストンの貧困地域の住民を熱演し、(懐かしい響きでした)
この「オールザキングスメン」では、南部訛りで毒舌の政治家を熱演する。
でも、やっぱりショーンペンなんだなぁ。
彼のポリシーが役選びにも反映されているからでしょうか。
そういう意味では最近めずらしいタイプの役者さんです。

オリジナルは見ていないのですが、リメイクとは感じなかったです。
政治に限らず、いつの時代でも、波に乗る人っていますよね。
(英語ではcatch the wave「波をつかむ」と言いますが、そちらの方が
能動的な感じでぴったりな気がします。)
ちょっとしたきっかけでその波は大きくなり、多くの人を飲み込んでいく。
でも、波はいずれは岸に近づき、崩れてしまいます。
必死にあがき、最後は銃弾に倒れたウィリー。なんとも切ない。

その波に近づくのを恐れ、遠くから傍観していたのがジュードロウ演じる新聞記者ジャック。
でも、傍観しているつもりが、時に波に吸い込まれては
様々な人に影響を及ぼしてしまう。自分の実の父を自殺に追い込み、
親友を狂気へと走らせてしまう。そして、元恋人もからんで自分自身を大いに苦しめる。
これまた切ない。

熱意溢れる政治家が敵対勢力や腐敗した社会によって堕落し破滅して行く様を描いた
のでしょうが、私には南部の上流階級のデカダンスを描いたとも取れました。
結局人間は悪と善が交じり合う社会にバランスをとりながら適応していかなければならず、
それを拒絶して生きていくには常識を外れた感性を持ち続けなければいけないのかも。
でも、それは、時に狂気と思えることもあるのです。
[PR]
by melissan | 2007-10-22 07:30 | 映画
夏が終わり、伸びた枝を切ってそろそろ植え替えしなければと思っていたら・・・
d0106242_10331462.jpg

ハイビスカスのつぼみが一輪。
最後の花が落ちてから約1ヶ月が過ぎ、
手入れをしなかったからか、こんなものが生えてきてしまって・・・
d0106242_10252988.jpg

あわてて枝を切り落とし、植え替えねばと思いながらまた2週間が過ぎた今日、
d0106242_10264922.jpg

なんだか、がんばってるんだなぁとうれしくなってパチリ。
d0106242_10281372.jpg

よぉく観察しましたが、もうつぼみはない模様。
今度こそ植え替えしてあげるからね。
このハイビスカス、昨年の英語の生徒からのBirthday present。
中学生の男の子なのに、あまりのGentlemanぶりにびっくりしました。
うれしくて、がんばって育てています。
[PR]
by melissan | 2007-10-21 20:20 |