旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー

<   2008年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

d0106242_853084.jpg

ナンタケットバスケットを始めてから今年で8年。
アメリカにいる間は考えもしなかったアイデアが、ここでは次々と沸いてくるのが不思議。
東京という、流行の最先端も、古きよき伝統も、世界各国の傑作も、
全て見ることの出来る土地にいるからでしょうか。
この贅沢を、少しでも私のバスケットに生かしたい!
そんな思いで、今年の第1作目はこれ。
ヘレンドの透かしボンボン入れをイメージしつつ、
でも「どんぐり」の方がぴったり?!などと思いながら製作。
底と蓋の合体に、まだ苦戦しているものの、雰囲気はかなりイメージ通りかも。

これもひとえに木工作家先生のご協力あればこそ。
(今年も、いっぱいわがままなお願いをするかと思いますが、よろしくお願いいたします。
この場を借りてごあいさつ。)
何事も一人の力では成し得ず、日々是感謝です。
[PR]
by melissan | 2008-01-28 16:21 |

ショコラティエ・エリカ

先日ふと思い出してエリカのココアをオーダーしました。
d0106242_1940546.jpg

当然ながら、お気に入りのトリュフも。
一緒に入っていたシートが素敵だったので、上に並べて遊んでしまいました。
d0106242_1941229.jpg

一番人気、マ・ボンヌも。
こちらはクルミとマシュマロがたっぷり入ったミルクチョコレート。
d0106242_19414334.jpg

これからバレンタインデーまで、東京には世界中のチョコレートが集まります。
旅行に行く度、その土地のショコラティエに行くのが恒例だった我が家。
そのチョコレートの大半がこの時期、日本で食べられるのです!
本当に日本って素晴らしい。
[PR]
by melissan | 2008-01-26 19:48 |
d0106242_11131182.jpg

またリボン?
先日のヨックモックほど美しくはありませんが、
こちらのプティ・フール・セックもお馴染み。
フレンチレストランとしてだけでなく、
いろいろな分野でしっかりとした味を
作っているシェリュイ。
その精神はこちらで語られています。ご立派。

d0106242_11132347.jpg

心作りの小品と銘打っているだけに、
7種類が無造作に入っているようで
バランスが取れていて、一つ一つが
本当に丁寧に作られています。
お皿に盛らずにつまんでいると、
あっという間に・・・。


d0106242_11411324.jpg

d0106242_1113115.jpg

甘いのに飽きてきたら今度はこちら。
プティ・サレ・アペリティーフ。
これまた、一つ一つが個性的。

最近、スウィーツが充実し・・・すぎる・・・。
[PR]
by melissan | 2008-01-23 09:09 |

レ・トロワ・クロック

新宿高島屋の4階、ピエールガニエールのカフェ。
伺ったのは昨年12月。娘と二人、クリスマスのお買い物に出かけた時のこと。
上のレストランパークの混雑にめげて下の階に降りてくると、前から気になっていたこちらが、
意外と空いている!!皆さん、デザートオンリーだと思っているのでしょうか?
やった!あこがれのレ・トロワ・クロック、頂きたい!
d0106242_9403772.jpg

ケーキのように美しく、お味もしっかり個性的。
サラダやコーヒーなども、素敵なデザインの食器に盛られて、一つ一つ参考になります。
娘はこちらをオーダー。
d0106242_9405082.jpg

今はベナティというハンバーガー風サンドイッチに変わっています。(これもおいしそう。)
デザートも芸術的で、食べるのがもったいないくらいですが、全種類制覇してみたい!

しかし、レストランでの撮影、やはり私には出来ません。(小心者)
今回も娘が携帯にて・・・。^ ^;
(すっかり忘れていて、今頃登場。)
[PR]
by melissan | 2008-01-22 09:34 |

MLK Day

アメリカで祝日となっている個人は、
アメリカ大陸を発見したコロンブス、アメリカ初代大統領ワシントン、そしてキング牧師です。
マーチン・ルーサー・キング氏は非暴力で人種差別運動を行った人です。
彼の栄誉を称え、誕生日(1月15日)に近い1月第3月曜日は祝日となっています。

キング牧師は、1929年ジョージア州アトランタの牧師の息子として生まれ、
ボストン大学神学部を卒業後アラバマ州で牧師をしていました。
牧師ながらとても裕福だったようで、ボストン大学にはキャデラックで乗りつけたという
逸話もあるくらいです。そんな彼がなぜ貧しい黒人のために一生を捧げたのでしょうか?

今から50年ほど前のアメリカは黒人と白人の差別がひどく、バスの座席では、
黒人が後ろに座らされたり、映画館の席も白人と黒人で別になっていました。
そんな中ある黒人女性が、市の規則にそむき、バスで白人に席を譲らなかったために
投獄されました。その5日後、キング牧師はすべての黒人に「翌朝はバスに乗らないように」とバスのボイコット運動を指揮し、彼の勇気ある行動は名声を得ていきますが、
彼の家は爆破され、彼自身も有罪判決を受けます。
それでもなお、すべての人種の平等を非暴力で訴え続けました。
そしてついに人種差別規則は連邦最高裁判所で違法とされ、1956年12月に廃止されました。
1960年、当時大統領候補だったケネディがキング牧師を支持、
黒人からの圧倒的な支持を得て大統領になります。
1963年には連邦議会に「公民権法」が提案され翌年成立。
1963年8月、キング牧師は首都ワシントンのリンカーン記念堂に25万人を集め、
あの有名な演説を行います。                   

"I have a dream.
One day the sons of former slaves
and the sons of former slave-owners
will be able to sit down together."(一部抜粋)
(私には夢がある。いつの日か、奴隷だった人と、奴隷を所有していた人が、
ともに同じ席に座れることを。)

分かりやすい英語で繰り返しが多く、リズムよく、英語の教材にも良く使われる
名演説の一つです。
その後彼は、1964年ノーベル平和賞を受賞し、ベトナム戦争反対運動にも立ち
上がりましたが、1968年4月4日白人男性により暗殺されました。

キング牧師の業績はすばらしいものでした。
しかし、今もなお人種差別の片鱗をのぞかせる光景は色々なところで見うけられます。
私達は今一度彼の言葉を考える必要があるのかもしれません。 

 人種差別に関連するお勧め映画
 Remember the Titans(邦題:タイタンズを忘れない 主演:デンゼル・ワシントン)
1971年、バージニア州。とある町で白人の高校と黒人の高校が統合され、それぞれあったフットボール・チームも統合されることとなった。人種差別が根強い地元住民が反発するなか、アメリカ初の人種混成チームが誕生、さまざまな苦難を乗り越え、チームはひとつにまとまっていく……。
実話に基づいたこの映画は人種差別を克服する術を私達に示してくれます。スポーツに関心が無くても、見終わったあと、爽快な気分になれるはず。何より、私が一番好きな俳優デンゼルワシントンが主役ですから。
[PR]
by melissan | 2008-01-21 09:28 | アメリカ生活

久しぶりの ほっ。

久しぶりにのんびりできる午前。
お十時は、昨日のガレットデロワといっしょに買った限定クッキー。
いまやここ以外のコーヒーは飲めないというくらい大好きなMAMESのウィンターブレンドを、
これまた一番のお気に入りジアンのカップで。
幸せ~~~。
d0106242_1064883.jpg

ヨックモックは今やどこにでもありますが、やはり本店は品格が違います。
店員さんの美しいのはもちろん、言葉遣い、礼儀作法、その上よく気が利くし・・・。
(昨日はわがままなお願いをしてしまったにもかかわらず、にっこり完璧に応対してくれました。)
うちの娘を弟子入りさせたいくらいですが、まず面接で落ちるでしょう。
クッキーのおリボンもこの通り。
d0106242_10113265.jpg

ロゴが全ての面でぴったり来てます。いい仕事してますねぇ。(古っ!)
今春限定のクッキー、お味はいつものヨックモック。缶のデザインがかわいくて、パチリ。
d0106242_10114423.jpg

ほっとする時間はあっという間、支度、支度っと。
[PR]
by melissan | 2008-01-18 10:21 |

ガレット・デ・ロワ

d0106242_2132891.jpg

別件で近くまで行ったのでヨックモック青山本店に寄って買ってきました。
本店限定、新春のお菓子
フランスの伝統菓子で、普通はフェーブが入っているのですが、
今回買ったのはプティの方ということもあり、その楽しさはありませんでした。
でも、「春が来るのね~」と実感するお菓子。
アメリカで若きパティシェに教えてもらった時は、
中のクリームがたっぷりでおいしかったけど、
これもパイ生地がさくさくで食べ応えがありました。
[PR]
by melissan | 2008-01-17 21:04 |

クロアチアみやげ

d0106242_19542432.jpg
d0106242_19543871.jpg

私たちがシンガポールに行っていた間両親はクロアチアに行っていました。
「アドリア海の真珠」と言われる美しい景色と痛々しい戦争の傷跡。
いろいろな意味で思い出深い旅となったようです。そのお土産にともらったチョコレート2種。
ともに外装がおしゃれで、お味もなかなか。
まだまだ観光地化されていないため品薄だったというので、ちょっとインターネットで
調べてみたら、アメリカのお店で見つけました。日本製品なんて1点しか扱っていないのに、
こんなに
扱っています。これには結構びっくり。
さらにお土産でもらったVEGETA(これ、癖になります!)まである!!
(この会社
、アメリカのマギーとかクノールみたいなものでしょうか。)
恐るべし、インターネット。
[PR]
by melissan | 2008-01-12 20:12 |

機内映画いろいろ

海外旅行で楽しみなものの一つ、映画が見られること。
今回はJALのMAGIC‐Ⅲ搭載機だったため、自分の好きな時に好きな映画が見られ、
眠気もなんのその、行きも帰りもひたすら映画を見てしまいました。

「ボーンアルティメイタム」
これは1作目、2作目と見てきたので、(しかも今回が最終回)ぜひ見たかった映画。
ボーンの記憶がついに戻り、すっきりするかと思いきや、何とも切ない後味の悪さ。
マットディロンの、アクションも全て自分でこなす演技力だけは☆☆☆☆ですね。

「トランスフォーマー」
マイケルベイとスピルバーグが特撮の凄さだけを見せつけたかった映画。
主役のシャイア・ラブーフは、ディズニーチャンネル常連で、どうもコメディの印象が強く、
シリアスな役はいまひとつ。
autobotsとdecepticonsではぴんと来なかった私も、
日本語名でサイバトロンとデストロンと聞いて、Wow!
昔大好きだったビーストウオーズじゃん!これ。
トランスフォーマーシリーズって奥深かったのですね。

「スターダスト」
超大物スターが勢ぞろい、彼らがこの映画を盛り上げている気がしました。
ミッシェルファイファー、あそこまで美しく、また醜くなれるなんて、ある意味すごい!
素の彼女はどのあたりだったのだろう?(なんて考えちゃ、失礼ですよね。)
ピーターオトゥールなんて、画面で見たのは久しぶり。
女装のロバートデニーロ、良かったですねぇ。くっ、くっ、くっ。
先の読めた展開で、結末もやっぱり・・・。でも、イギリスのファンタジーの雰囲気が
十分出ていて、楽しめました。
主役のチャーリーコックス、クレアディンズが、大物達のせいでかすんでいた気がする
のは私だけでしょうか・・・。

「ヘアスプレー」
この手の話はどうも苦手です。ミュージカルだから仕方がないけれど、
わざとらしすぎるし、何でもハッピーエンドだし、漫画みたい。
でも、役者さんはすべて◎。すばらしい演技でした。
1000人のオーディション(よく1000人も太ったティーンエイジャーが
集まったものです。)から選ばれたニッキー・ブロンスキー。
トレーシーそのものでした。キュートで、歌も踊りも完璧!
間違いなく大型新人です。
そして、ジョントラボルタ。エドナのような役をやりこなせる女優さんは
いないけど、そこで彼が登場するあたり、監督の千里眼に完敗。
あの体形にされても、ダンスも歌も上手、迫力満点でした。
ここでも出てきたミッシェルファイファー。またまた悪役だけど、美しい。

「幸せのレシピ」
キャサリンゼタ・ジョーンズも、私の好きな女優さん。美しい・・・。
ストーリーは陳腐で、イタリアンシェフのニックがはっきり言ってうざい。
「結局そこに落ち着くか。」と、前半かっこよかった彼女にチョイ失望。
でも3人仲良くやって行けて、ゾーイのことを考えたら最良の結末なのでしょう。
ゾーイ役のアビゲイル・プレスリン、上手ですね。
海外には名子役がいっぱいいるんですね。

「舞妓Haaaan!!!」
言葉もない・・・。見なきゃ良かったと思いながら、最後まで見てしまった。

他にも「ブルーマングループ」(これは映画じゃない)、「ハリーポッター不死鳥の騎士団」、
「パイレーツオブカリビアン」、「キャッチミーイフユーキャン」、「燃えよドラゴン」、
「ペリカン文書」などなど、懐かしいものもいっぱいあって、倍速で見てしまった。
もっと見たいよ~と惜しみつつ、成田に着いたのでした。JALさんありがとう!
[PR]
by melissan | 2008-01-11 11:01 | 映画

まだクリスマス?!

ホテルにチェックインしたときにベッドに置いてあったクッキー。
d0106242_11104922.jpg

クリスマスはとうに過ぎているというのに、街はまだ「Merry Christmas」。
d0106242_118405.jpg

d0106242_1181878.jpg
みんな半袖だし、なんだかとっても不思議な気分。

街の中を歩いていると、どうしてもクリスマスツリーに目が行ってしまいます。
d0106242_1182973.jpg
d0106242_1191380.jpg


d0106242_11221245.jpg
    →
アディダスらしく
スポーツシューズの
クリスマスツリー。
ユニークで、
しかもきれい。


d0106242_1192854.jpg

マーライオンの周りに浮いているボールは新年に向けてみんなの願いが書いてあるバルーン。
日本で言う鐘楼流しみたいですね。
このマリーナ湾やセントーサ島で、12月31日、花火大会が行われるのです。
おかげで31日は朝から警備員があちらこちらに配置され、マーライオンには近づけません
でした。せっかく乗ったダックツアーも、精一杯近づいてこの程度。
(ダックツアーのボート、ボストンで乗ったのより大きい気がしました。
そんなに種類があるの?!)
[PR]
by melissan | 2008-01-10 11:28 | '07Dec. Singapore