旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Happy Birthday

d0106242_13015100.jpg

このブログをスタートしたきっかけはいろいろあるけれど、
その一つは、娘との思い出、娘に伝えたいことを
書き留めておくため。
ティーンエイジャーの情緒不安定な時期には、
言われても反発したり、ぴんとこなかったり、
今ひとつ母子の意思疎通ができない。
(すでに自分で経験済み。)

d0106242_1302662.jpg

そのため、面と向かって言えない事をこうやって
書き留めている。
友人が大学生対象に携帯電話の意識調査をし、
昨日その発表を聞いたが、親子関係構築のために
携帯を使っている人は少ない。
とはいえ、面と向かって話しづらいときに
携帯を活用する人は多い。
私の場合、まさにそれがブログ。

d0106242_1303876.jpg

ブログのスタートは2月だったが、
意識して書くようになったのは9月から。
そう、9月は娘の誕生日。

なぜか誕生日前はあわただしいので、
ここのところは、外食して買い物をするのが、
お祝い行事の一つになっている。



d0106242_1305027.jpg

行き先もなぜか新宿。
今年はちょっとかわいく、
フォションで軽食&デザート。


d0106242_131190.jpg
好みが今年も変わっていないことを確認し、
(二人とも栗を選ぶ・・・。)
お店をぶらぶらと見て回っては
あーでもないこーでもないと批評し、
くだらないものをごまんと買って帰る。
こんな誕生日、いつまで続くかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by melissan | 2008-09-24 08:59 | 東京生活
オリーブオイルとガーリックたっぷりと、いつもは唐辛子、でも今日は・・・
d0106242_1315476.jpg

すだちで。
絞った果汁とざっと切った皮を混ぜ混ぜ、黒こしょうがりがり、カマルグの塩ぱらぱら。

頂いた高知産すだち、秋刀魚に添えて、干物との混ぜご飯に絞って、
といろいろ活躍したが、残り少なくなって新たな挑戦がしたくなった。
で、思いついたのが、パスタ。
さっぱりしていて、でもレモンほど主張が強くない。

持論:ご飯に合うものとパスタに合うものは共通している。

裏付ける証拠がまたひとつ♪
[PR]
by melissan | 2008-09-20 21:14 |

盆、碗、菓子 

下手な作品の後は、アートづくしのお茶の時間。
d0106242_9181117.jpg

お猪口のようにかわいいお茶碗と、蓋にも茶托にもなる小皿は、
新進作家の作品。
d0106242_9341326.jpg

色形みんな違って、ギャラリーで選ぶのも一苦労。
うちに帰ってからも、パズルのように、毎回組み合わせを変えて楽しめる。
そして、その小皿に載っているのは、
d0106242_918042.jpg

和楽紅屋の和クッキー。パティシェとして有名な辻口も、実家は和菓子屋。
品川ecuteにあると知りながら、今回頂戴して初めて食した。
ボルボロンのような食感、和と洋の見事な融合。おいしい!
d0106242_9174854.jpg

木の厚みと彫刻刀の大胆な模様の中に、繊細な紅葉が浮かんでいるお盆は、
人間国宝の息子さんの作品。
d0106242_9342552.jpg

秋は芸術の秋、食欲の秋。
[PR]
by melissan | 2008-09-19 09:13 |

何を入れよう?

d0106242_8494056.jpg

木象嵌を習い始めてもうすぐ1年。
いい加減な性格と不器用さではクラストップ!のだめ生徒が、
分不相応な大作にいきなり取り組んでしまったので、
結構時間のかかってしまったこの作品。
「もう、いいや。」的に仕上げてしまった感はあるものの、やっぱりうれしい!
d0106242_850317.jpg

我が家にずっとあった桐の箱。
トールペイントをしようと思っていたのだが、ふと気づけば1年、2年・・・。
そんな時、象嵌で習った模様が気に入って、いっぱい作っているうちに
「これ、いいかも・・・。」と思いつき、箱に合わせて作り直し。
周りは、「ゼブラ」(しまうまという名前、一目で納得)という木で覆い、
中央には2種類の模様を黒檀の入ったテープで囲った。
d0106242_8501589.jpg

中は、防虫防湿作用のある桐の面をそのまま残した。
さて、何を入れよう?
d0106242_8502759.jpg

やっぱり(?!)登場。
最近お気に入りのマイクロミニバスケット。
このバスケットが箱いっぱいになるのもいいなぁ。
      (いつのことやら・・・。)
d0106242_8504078.jpg

[PR]
by melissan | 2008-09-18 09:11 |

マニキュアフィンガー

d0106242_102039100.jpg

娘のぶどう好き、知り合いにはつとに有名。
最初に覚えた食べ物の名前も「ぶどぶど」。
ということで、頂き物も葡萄が多く、先日の巨大ピオーネに続き、今回はこちら。
d0106242_10205075.jpg

その名のとおり、マニキュアを塗った指のように、細長く先だけが色づいている。
ドラマ”BONES”の2ndシーズンを見始めた私としては、ちょっと想像してしまうけど、
(2ndシーズンから加わったカミール、BONESたちの新しい上司、いい味出してます。
しかし、彼女の専門が生身の人間であることから、1stシーズンよりずっとグロくなった。)
お味は程よい甘みと酸味のバランスが絶妙!
皮が薄く、皮ごと食べられるので、スナックのようにぱくぱく食べてしまう。
どこか懐かしい感じ・・・何故?
そうそう、アメリカでは葡萄はたいてい皮ごと食べていた。
ランチのお供にジップロックに入れてよく子供たちが持っていたっけ。
納得。
日本人による品種改良の結果生まれたぶどうが、アメリカを思い出させるとは・・・。
[PR]
by melissan | 2008-09-13 08:19 |

HIGASHIYA man

表参道に行くと必ず足が向いてしまう。
いつもは午前中で売り切れているのに、この日はめずらしく全種類残っていたので、
本日中にもかかわらず2個ずつ買っちゃった!
d0106242_12563260.jpg

本店はおしゃれな茶房だが、こちらは蒸したてのお饅頭が売りの
その名もHIGASHIYA man
大きなソーダ饅頭、上品な甘酒饅頭、定番黒糖饅頭、すべてお値段均一。
d0106242_12564462.jpg

d0106242_12565518.jpg

小さなお店ながら、細部にまでこだわりが感じられ、
どれもがアート。
←白い包みを留めていたテープにも、
←紙袋の底にも、
こんなこだわりがあって。

d0106242_1321848.jpg

春には娘の大好きな桜の葉いっぱいの桜餅もあった。
(私は葉っぱをはがして残してしまうのだが、
娘は葉っぱをはがして最後に味わって食べるタイプ。
ここのは一個につき3枚もついていて、娘大喜び!)

[PR]
by melissan | 2008-09-12 12:53 |

プレッツェル

d0106242_1240563.jpg

東急東横店で期間限定販売のリンデで、プレッツェルその他ドイツパンいろいろ購入。
吉祥寺は近いようで遠く、人形町のタンネも最近ご無沙汰。
家の近くのリーベで済ませてきたが、やはり本物のドイツパンを見ると食指が・・・。
アメリカでプレッツェルといえば、Auntie Anne'sのソフトプレッツェルか、
Snyder'sのハードプレッツェル。
Auntie Anne'sは、たいてい駅や空港などのフードコートにあり、
娘は手際よくひねって形作られる様子に見入っていたっけ。
Snyder’sはおつまみの定番。ブッシュ大統領がテレビ見ながらほおばって、
のどに詰まらせて救急車呼んだのもこれ。

こちらでプレッツェルの由来がお話になって紹介されている。
これを読んで、思わずプレッツェルを光にかざしてしまった。
・・・なるほど。
[PR]
by melissan | 2008-09-11 12:52 |

「よい者」と「悪い者」

小さい頃大好きだった「眠れる森の美女」。
美しいオーロラ姫が森で王子様と出会うシーンは何度うっとりしたことか。
ただ、いつも違和感があった。

「悪い魔法使い」って、いつ、誰が決めたんだろう・・・とか。

世界中で自分だけがオーロラ姫の誕生パーティに招待されなければ、
あれくらい怒っても仕方ないよね・・・とか。

王様が魔女の呪いにおびえたのはわかるけど、
世界中の糸つむぎを燃やしちゃうなんて、自己中じゃない・・・とか。

子供ながらに世の中の矛盾を感じていたあの頃の、もやもやした気持ちが、
最近よく思い出される。
今回観た「20世紀少年」、以前観た「ウィキッド」、
人気者は昔からそうだったけれど、
善悪の基準すらもパフォーマンスの派手さによって決まる今の世の中。
そのために正しいことをし続けることがこんなに苦痛を伴うなんて。
ヒーローやヒロインがこんなに格好悪いなんて。
勧善懲悪の物語が流行った時代に生きていた大人が
ひねくれたストーリーを作り出すようになったのは、なぜ?
[PR]
by melissan | 2008-09-09 15:16 | 映画

プチフル

ミニチュア大好きなら、当然ケーキもプチフル大好き。
この時に続き、今回は・・・。
d0106242_2284436.jpg

先週末公開されたばかりの「20世紀少年」を見た帰り、新高輪プリンスホテルで購入。
さすがホテルのケーキは、この大きさでも完璧なお味。
特に目を引いたのは・・・
d0106242_2285652.jpg

なんともかわいい色合いのロールケーキ。
でも上に載っているのはプチトマトとアスパラ!中のクリームにもしっかり入ってる!
[PR]
by melissan | 2008-09-04 22:18 |
アメリカから友人が一時帰国した際、頂いたお土産のひとつ。
d0106242_2228272.jpg

私がドバイ旅行の際購入したスパイスよりもバリエーション豊か。
カルダモン、クローブ、シナモン、レッドチリペッパー、ターメリック、コリアンダー、
クミン、ブラックペッパー。
インド人行きつけのお店で購入したとか。(さすが、詳しい。)

実は彼女からこれらを頂く前に、レシピだけは届いていた。
別のアメリカに住む友人が「簡単でおいしいからぜひ・・・。」と送ってくれたのだ。
そして、これまた別の友人が一時帰国する友人に「買っていってあげなさい。」とアドバイス。
日本でこれだけの香辛料を揃えるのは結構大変なのだ。
多くの友人のご好意でついに材料が全部揃い、早速トライ。
・・・そして・・・ヒ~~~~!!!
ということで、何度かレシピの分量を調節して、ようやく我が家の味となったのがこちら。
d0106242_22282361.jpg
(師匠、ほうれん草入れませんでした。娘が苦手で・・・。)

作り方は驚くほど簡単。
たまねぎ、鶏肉、にんにく、トマト、グリーンチリを順に鍋に入れ、
↑のスパイスとローリエをくわえ煮込むだけ。
最後に塩で味を調えて、本当はほうれん草を入れて出来上がり。
お味は、超本格的!

以前インド人のご主人は丸一日かけてカレーを作ると友人に聞いたことがある。
確かにそれも本物だけど、このカレー、日本のカレーより短時間でできる。
でも味はインドカレーそのもの。
友人、他にもダルスープやヒヨコマメのカレー煮のレシピも送ってくれて、
こちらも日々大活躍。
皆様のおかげです。ありがとうございました!!
[PR]
by melissan | 2008-09-03 22:53 |