旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

d0106242_10332791.jpg
今年のスタートと同じ歌舞伎座で一年の締めくくり。
d0106242_10333860.jpg
とはいえ、舞台には大型スクリーン。
歌舞伎ではなく、大晦日のみの「METライブビューイング」。

荒川静香さんのスケートで有名になった「トゥーランドット」。
第3幕マルチェロ・ジョルダーニの「誰も寝てはならぬ」に圧倒されたが、
それにもましてマリーナ・ポプラフスカヤのリュー、マリア・グレギーナのトゥーランドット、
ともにはまり役ですばらしかった。

「誰も寝てはならぬ」と言われなくても、大晦日の夜は長い。
[PR]
by melissan | 2009-12-31 22:32 | 東京生活

勇気凛々瑠璃の色

夫、チリ出張から戻る前に「お土産、何が欲しい?」とメール。
チリと言えばイースター島。とくれば・・・「モアイ像が欲しい!」
で、持ち帰ったものが、こちら↓
d0106242_2153982.jpg

ラピス・ラズリのモアイ像!!!
ラピス・ラズリ、和名の「瑠璃」の方が有名だろうか。
ツタンカーメンのマスクや正倉院の紺玉帯にも使われ、
高位のものにしか使用が許されなかった貴重な宝石。
チリで採れるとは知らなかった。
大好きな青、その中でも瑠璃の深くて神秘的な色は、本当に魅力的。
それが、あのモアイ像となって売られているとは!
ありがたや、ありがたや・・・。
d0106242_215493.jpg

パワーストーン流りの昨今、ラピス・ラズリは水晶と並ぶほどのパワーの持ち主。
知恵と知性を増す、決断力アップ、願いの現実化、幸運を呼ぶ、強力な邪気祓い、
ポジティブ思考、美肌効果、表現力アップ、美肌 ・・・
と、その効果絶大!
キーホルダーの方は、学問はすべて”神頼み”の娘が、肌身離さず持つことに。
私も、このパワーにあやかり、来年を良い年にしたいものだ。

タイトルは大好きな作家「浅田次郎」のエッセイ集のタイトルを。
以前、電車内で読んで大変なことになった抱腹絶倒のエッセイ。
[PR]
by melissan | 2009-12-30 21:40 |

Poinsettia ~Holy Red~

d0106242_10565817.jpg

シュガーアート作家さまの作品
(またも、スウェーデンハウスギャラリーの3枚目のマットの上^ ^;)
クリスマスシュガーアート展での受賞作品に感動して、サイズダウンしてオーダーしたもの。
毒性があると聞いたことがあり、我が家には生のポインセチアはないものの、
d0106242_1057936.jpg
スワロフスキーの置きものや、
d0106242_10571928.jpg
自作のシャドーボックスや、
クリスマスの飾りについ選んでしまう。
赤のイメージは「聖なるもの」、黒に続いて好きな色と言うこともあるのだろうか。
d0106242_105731100.jpg

上品な色使いと繊細な模様のケーキの上に置かれたポインセチア。
我が家の定番クリスマス飾りに仲間入り。

♪♪こちらはedible(食用)♪♪
[PR]
by melissan | 2009-12-25 11:31 |

第6の世界

d0106242_11174688.jpg

これは、我が家にある、カンクン土産のマヤ暦カレンダー。

映画で注目度が高まったマヤ暦。
世紀末的なイメージが先行しているが、
「マヤの大周期」というのは、宇宙のサイクルを意味している。
1日を1キン、
20 キンで1ウィナル、
18ウィナルを1トゥン、
20トゥンを1カトゥン、
20カトゥンを1バクトゥン
とする単位で構成され、13バクトゥン(グレゴリオ暦の約5125年)で1周期。
現代は5番目の世界に当たり、
2012年にこの5番目の世界は終わるのだが、
6番目の世界が生まれ、新たな周期がスタートする年でもあるのだ。
約5000年という壮大なスケールの暦を考え出したアステカ文明の偉大さを感じるとともに、
自分がその世界の終焉と誕生にめぐり合える運命を与えられたことに畏敬の念を覚える。
あと3年後の今日、5番目の世界は終わり、新たな世界が生まれる。
神は今までにも人類に救いの手を差し伸べ、新たな世界に子孫を残してくださった。
今度はどのような救いの手を差し伸べてくださるのか?
・・・想像もつかない。

チチェンイッツァ遺跡を訪れたのは、カンクン旅行の2日目。
頭がぼぉっとしたまま、ジープに揺られること4時間、ジャングルに到着。
その森を歩いていくと、突如巨大な遺跡群が現れる。
d0106242_11175428.jpg

まずは、夢にまで見たククルカンのピラミッド!
蛇の神様と言うだけで親近感。
ガイドさんの説明、覚えているはずもなく、以下、Wikipediaから抜粋。
ピラミッドの階段は4面×91段=364段に最上段の神殿の1段を加えて、ちょうど365段。
1面の階層9段は、階段で分断されているので、合計18段となり、
これらはマヤ暦の1年(18ヶ月365日)を表す。
北面の階段の最下段にククルカンの頭部の彫刻があり、
春分の日・秋分の日に太陽が沈む時、
ピラミッドは真西から照らされ、階段の西側にククルカンの胴体が現れ、
ククルカンの降臨と呼ばれている。

数字に弱い私はガイドさんの説明に、ただただ感動。

かけ算習いたてだった娘は、「早く登ろう!」・・・聞いてない・・・。
d0106242_1118250.jpg

傾斜ほぼ45度で、一段一段は大きく、上に行くほど風が強い。
(写真は半分あたりで撮ったもの。)
私は早々にあきらめ、夫と娘も3分の2ほど行ったところで、戻ってきた。
(娘は登ると言って聞かなかったが、夫、下りの体力に自信なし、で断念。)

d0106242_11181124.jpg

森に覆われた中にぽつん、ぽつんとある遺跡だが、
近づくとその大きさ、精巧さに圧倒される。
(当時8歳だった娘だが、それにしても、小さい・・・。)
この遺跡を発見した人は、本来の意味で”awesom!”と叫んだことだろう。
d0106242_11182077.jpg

こちらが、マヤ暦を作り出した天文台「エルカラコ」。
天体望遠鏡もなかったこの時代に、このような建築物を作り、
今とほとんど同じ暦を知り得た彼らの叡智、はかりしれない。
[PR]
by melissan | 2009-12-22 12:04 | '00Dec. Cancoon

Merry Christmas !

d0106242_21595170.jpg

スウェーデンホームギャラリーでこれといっしょに購入したマット。(実はもう一枚ある。)
シンプルな金のリースなのだが、家にあったハートとひいらぎのガラスの飾りを載せたら、
かわいいクリスマスリースに。

ギャラリーのオーナー様、「これって、クリスマスリースだけど、ひっくり返すと、
お正月飾りにもなりません?」
おぉ、確かに。日本では稲だけど、麦も似たようなもの。

ということで、出番の多いマットなのだ。
(得した気分♪)

アドベントの期間、ダイエットもかねて、今年一年を振り返り、
来年の目標を漠然とながら思い描くことができ、非常に充実した、厳かな4週間だった。
[PR]
by melissan | 2009-12-20 22:10 |
d0106242_12553138.jpg

今日も我が家には、ハイビスカスが一輪。
この時から、花を咲かせる期間がどんどん長くなっている。
南国の花=夏の花と思っていたが、
実は、東京の気候で言えば春か秋くらいの方が適温という亜熱帯に近い植物だそうで。
5月頃から咲き始め、梅雨の時でも、真夏でも、一日一輪のペースを維持し、
12月になった今でも一週間に一輪程度のペースで咲き続けている。
d0106242_1382361.jpg

このハイビスカスのように、私も、無理しない程度に、地道にブログを続けていこう。
[PR]
by melissan | 2009-12-19 13:11 | 東京生活

Old Habits Die Hard.

この2週間は一度も思い出さなかったのに、
普通食に戻ると、やはり以前の習慣が・・・。
d0106242_123365.jpg

朝、家族が出かけた後、
MAME'Sのコーヒーを入れ、一日の予定を考える。
このひと時は日本に戻ってからずっと続いている習慣。
やはり、やめられない。
英語のことわざ”Old habits die hard."の通り。
(Oldといっても5年程度だが・・・。)
d0106242_12331737.jpg

今日のカップは、カフェ・デュ・モンドでもらったもの。
懐かしいニューオーリンズの景色が描かれ、
本店で食べたベニエが思い出されて・・・。懐かしい!
早く、チコリコーヒー復活しないかなぁ?
[PR]
by melissan | 2009-12-19 12:49 |

段々、寅段

この時に続き、またまた紙物に一目ぼれ。
ミッドタウンのマルシェ・ド・ノエルで、釘付けになったd-torso。
「来年は寅年だし・・・。」というので、寅段を購入。
d0106242_11251957.jpg
おめでたい金色バージョン。
プラモデルみたい。
全185パーツを組み合わせていくと・・・
d0106242_1125285.jpg
おぉ、虎だ。
d0106242_1125385.jpg
さすがはレーザーカット。全く狂いがない。
来年の干支飾りはこれで決まり。(安易・・・)

段々といえば・・・。
[PR]
by melissan | 2009-12-18 11:39 |
お気に入りのイルミネーション!
d0106242_23245641.jpg
今年のミッドタウンのツリーはサンタがいっぱい!
d0106242_23251226.jpg
お気に入りのサンタさんはいるかしら?
d0106242_23252436.jpg
「私はあれ。」「俺はあっちの。」・・・皆さん、見つけるのが早い。
1つだけあるという恵比寿様、がんばっては見たけれど、見つからなかった。残念。

ふと振り向けば、吹き抜けに真っ白な切り絵のシャンデリア。
d0106242_23254614.jpg
ライトが変わると、全く違う印象。
d0106242_23255865.jpg


さてさて、Hal Yamashitaのディナーへ。
バルコニーに出て、特等席からの一枚は・・・
d0106242_23261053.jpg

まるで宇宙のような、スターライトガーデン。
[PR]
by melissan | 2009-12-15 23:36 | 東京生活

甘え

ハンガリーに住む友人(中高と同じ部活だった同級生)から、
ブログ始めました」のメールをもらい、早速拝見。
ニューヨーク、シンガポールと海外駐在経験豊富な友人だが、
今回の駐在は苦労も多いようだ。

読み進めているうちに、いかに自分が甘えた生活を送っているか思い知らされた。

ボストンとはいえ、町の中心からは、かなり離れた町に住んでいた私達は、
ニューヨークやロサンジェルスに住む友人の話を聞く度うらやましかった。

やはり和食メインの食卓になるため、食材は韓国食材店で調達、
唯一ある日本食材店は週に1度が限度。
それも、賞味期限切れの商品は当たり前、お値段も日本のほぼ倍以上。
品数も少なく、親や出張者に幾度、調達をお願いしたことだろう。

それでも足りないものは手作りした。
パンやケーキはほぼ毎日のように焼いていたし、
すき焼きは春菊をクレソンで代用したり(これが結構くせになるのだが)
新作を家族に喜んでもらえるのが楽しかった。

が、帰国して、あらゆるところで簡単に手に入ってしまう美味に、
すっかり手作りの回数は減り、もっと、もっと、と買い求めるようになった。

今回7号食ダイエットを実践してみて、いかに目や耳の言いなりになっていたか気付かされた。

「五感が鋭くなります。」と先生に言われていたが、まさしくその通り。
たとえば、娘が横でかじっているポテトチップス、どうしても食べたいと思い、1枚もらったところ、
「あれ、こんな味だったっけ?」と思うほど、色々な味がした。
以前は一袋一気食いだったのだが、2枚食べたところで欲しいと思わなくなった。
そうかと思えば、頂いたクッキーを食べたら、素材の味がびんびん伝わってきて
「本当においしい!」と感じることも。

自分の舌を信じ、本当に良いものを見抜く。
自分の脳で考え、今自分にとって必要なものかどうか見極める。

そんな当たり前のことが、失われていたのだと気付いた。

普段から食に対する意識は低い方ではないと自負していたが、
便利な東京生活に、いつしか甘え、そして洗脳されていた。

そして、それは食ばかりでなく、普段の生活や、意識にも影響されていた。

周りの情報に踊らされたり、人の噂に右往左往したり、
言いたいことも言えず、
自分のやりたいこと、やるべきことを見失っていた。

今は、来年の目標が見え、今その実行を前に武者震いするほどだ。

タイムリーなブログの紹介に感謝。
[PR]
by melissan | 2009-12-15 11:43 | 東京生活