旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

so hard・・・.

d0106242_23294067.jpg

母の好物、おせんべい。しかも堅いげんこつせんべいが好き。
その母が、ようやくめぐりあったと言う逸品。
確かに、堅い。でも、おいしい。
d0106242_23294844.jpg

堅いといえば、こちらも。
ハワイのお土産でよくいただくマカダミアナッツ。
初めて殻を見た。
我が家にある銀杏割り(↑)でトライするものの、びくともしない。
くるみ割りでもだめ。
ペンチで死ぬほど力を入れたら割れた。
確かに新鮮で美味しい。
しかし、これでは、食べる前に疲れきってしまう。
やはり、専用器具を買おう。
[PR]
by melissan | 2010-05-30 23:36 |

♪さくらんぼ♪

d0106242_20594748.jpg

店頭に並び始めたさくらんぼ。
アメリカンチェリーは何度か食べたけれど、これが初さくらんぼ?!
娘のお弁当に入れたら、残りわずか3個(涙)
でも、十分、初夏を感じました♪
ルビーのような赤が、茶系のダイニングにまぶしい。
               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
                  人間の手によって紡ぎだされる「美」
                ナンタケットバスケット、木象嵌、花、などなど
                   アート関連のブログは、こちら。
                          ↓ ↓ ↓
                    http://withbasket.exblog.jp/
d0106242_10114242.jpg

               
[PR]
by melissan | 2010-05-27 21:04 |

ラタトゥユの使い道

d0106242_15372100.jpg

ラベルに一目惚れして買ったこのワイン。
コルクまで同じデザイン。
かわいい~。
手頃な値段で、気取らぬ夕食にぴったり。

これに合わせたのは、またも手抜き料理のリゾット。
d0106242_15371155.jpg

ラタトゥユと同じ材料を1cm角に切って、もうひとつの鍋で同じように作ったもの。
卵に入れて焼けばスペイン風オムレツになるし、
少ししっかり煮詰めれば、カナッペにもなる、
こちらもお助けメニュー。

今回は、これに角切りじゃがいも、ウインナー(ともに生)を加え、
洗った玄米を炊飯器釜に入れたら、上記+トマトピューレを加えて「おかゆ」設定で炊く。

あとは、炊飯器にお任せ。

こんなに簡単なのに、玄米のプチプチ感がアルデンテな感じ。
粉チーズをたっぷり振れば、塩気もちょうどよい。
足りなければ、カマルグの塩、パラリ。
[PR]
by melissan | 2010-05-26 15:48 |
バリエーション豊富なため、ラタトゥユとともによく作り置くのが、
さつまいもとりんごの煮物。
これもよく作るのだが、その時に合わせてこちらも作っておく。
作り方はいたって簡単。
さつまいもとりんごを1cm角の角切りにし、砂糖を少し加えて煮るだけ。

アイスクリームに添えるクランブル代わりにもなるし、
蒸しパン、マフィン、パン、ケーキに入れると、とたんにグレードアップ。
今回は、
d0106242_12153342.jpg

超手抜き、スクエアケーキに。
ケーキの生地に混ぜたら、天板に敷詰め、上にりんごの千切りをたっぷり載せて、オーブンへ。
簡単、美味、栄養満点。
朝食がわりにもなり、忙しい日には大助かり。
[PR]
by melissan | 2010-05-25 12:20 |
d0106242_1753816.jpg

このバスケット、その名も”Salt&Pepper"。
ずいぶん前に作った物だが、塩コショウじゃなくても、
料理によっては、オリーブオイルやバルサミコ酢にかえたり、
お箸やカトラリー入れとして使ったり、
結構重宝している。

しつこい風邪からようやく回復してきた昨日。
冷蔵庫の整理を兼ねて作ったのは、ラタトゥユ。
しばらく買い物に行っていないので、
有り合わせのズッキーニ2種(黄色と普通の)、なす、玉ねぎ、エリンギ、プチトマト。

ラタトゥユを作るとき、私は必ず二つの鍋を用意する。
野菜類を大きめに切ったものと、サイコロ状に切ったもの、2種類作るのだ。
味は殆どいっしょ。
まずは、大きめの方、ツナ缶を入れて、汁気多め、あっさり味。
d0106242_1752937.jpg

一回目は、スープのようにどっさりと。
ここで登場、先程の塩コショウバスケット。各自好きにアレンジ。
バケットを添えて、白ワインと。(でも、今回は病み上がりなのでワインは我慢。泣)

残りは、ご飯を入れてリゾットにしたり、パスタのソースにしたり、
大いに活用できる、お助けメニュー。

サイコロ状の方はまた今度。
               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
                  人間の手によって紡ぎだされる「美」
                ナンタケットバスケット、木象嵌、花、などなど
                   アート関連のブログは、こちら。
                          ↓ ↓ ↓
                    http://withbasket.exblog.jp/
d0106242_10114242.jpg

               
[PR]
by melissan | 2010-05-22 17:16 |

"Turn" by Travis

You Tube続きということで・・・。(意味不明)

愛すべきバンド、Travis。
歌詞の意味と映像が一致してはいないと思うが、ともに考えさせられる。
”The Man Who”は、トラヴィスのアルバムの中で、私的にはベスト。
しんみり聞きたいときに、つい引っぱり出して聞いてしまう。
フランが紡ぎ出すシニカルな歌詞は、イギリスっぽい。

あぁ、早く風邪、治らないかなぁ・・・。
声が出ないと、やる気も出ない。
音楽を聞き、バスケットを作り、熱ぶり返し、早々に床へ。
家事まで手がまわらない・・・。
[PR]
by melissan | 2010-05-19 23:34 | 音楽

こんな時にもよく聞くDonavon Frankenreiter 。
最近は、夜寝る前に聞いて、心を鎮めている。

If it don't matter to you
It don't matter to me

まさしく、昨今の心境。

4月に入り、新しいレッスンが3つ加わったのだが、これらが結構悩みのタネ。
悩みつつ、家に帰ってこの曲を聞いて、
「まっ、生徒さんの希望なんだから仕方ないか。」
と諦める。
It dosen't matter to me at all!と割り切ってみるものの、
やはり釈然としない。

同じ英語を教えるのに、進学塾ではなく英会話スクールを選んだのは、
英会話の楽しさを伝えつつ、国際人になってもらいたいと思ったから。
当然、英会話スクールに来る人は、英語を使って何かしたい!という
人たちなのだろうと思っていたから。

しかし、最近、英会話スクールにも、
学校の授業の予復習をしてもらいたい
英検、TOEIC受験をしなければいけない(自分は望んでいないのに)
といった希望の生徒さんが多く来るようになった。

中学、高校、ひいては小学校の英語の授業についていけないので
英会話スクールに来るって、どうなの?!
と思いつつ、彼らの教科書をいっしょに開き、
自分でやるべき単語や文法のチェックをいっしょにやってあげて、
中間期末テスト対策をたててあげる。

以前、大学の英語の授業についていけないので、
宿題をやって欲しいと言う生徒さんがいらしたのだが、
丁重にお断りしたこともある。

学校側はどんな生徒さんでも欲しいだろうが、私には納得できない。

自分で勉強法を見いだせない人は、社会に出てからも苦労するよ。
英語って、受験科目である以上に、世界の人とつながるツールなんだよ。

と、つい、説教ババァになってしまう。
もっと、肩の力を抜いて、
It don't matter to me.
(文法ちがってるし・・・とか、目くじらたてない!)
[PR]
by melissan | 2010-05-15 22:35 | 英会話講師生活

母に感謝、娘に感謝。

”食”旅行をもっと満喫しよう!と思っていたGW後半、

風邪をひいて4日間寝込んだ。

ユーカリでも食べたかと思うほどのコアラ状態。
一日20時間近く寝る、寝る、寝る。ひたすら寝る。

そして5日目からは、咳と鼻水の応襲。未だにすっきりしない。

そんな中、母からの差し入れ。
d0106242_2314312.jpg
母お手製”too much”フルーツ入のパウンドケーキ。
「今回はヘルシーにと思って、砂糖とバターを減らしたら、失敗しちゃって。」
とはいうものの、小さい頃から食べ慣れている味。
私が作っても、この味は真似できない。
大好物なら、食欲なくてもパクパク。し♥あ♥わ♥せ♪

d0106242_23144136.jpg
こちらは料理経験ほとんど皆無の娘のお手製スープ。
何も食べずに寝ている私に、
「栄養つけなきゃダメでしょ。」と、作ってくれた。
そういえば、娘が風邪をひくと、
必ず野菜スープ作ったもんね。
不器用な切り方が
なんとも微笑ましかったので、
こっそりパチリ。


何もできなかった母の日だったが、
私だけは、娘として、母として、本当に幸せな日だった。
[PR]
by melissan | 2010-05-13 00:09 |

”食”旅行つづき

都内の”食”旅行、一番グルメな国を忘れていた。
それは、日本!
d0106242_22441943.jpg

白金高輪の住宅街にあるAWキッチン。以前訪問したOrexisの近く。
吹き抜けの天井から下がるライトとオープンテラスが、なんともいえない雰囲気。
d0106242_2244780.jpg

アミュゼからして、おしゃれ。
d0106242_22442827.jpg

看板メニューのバーニャカウダは季節ごとに種類が変わる。
どのテーブルにも野菜の花が咲き、皆さん、うさぎのようにむしゃむしゃ。
うめ~!・・・って、これじゃ、山羊?!
d0106242_22444684.jpg

パスタもお肉もお魚も、目移りするくらい、どれも魅力的なので、ついついいろいろと・・・。
一皿だけ頼んでも、はじめから取り分けて、綺麗に盛りつけて、
持ってきてくださる。嬉しいサービス。
d0106242_22445598.jpg

デザートは、「シャーベット作りますよ。」のお言葉に甘え、オーダー。
ぬぁ~んと、液体窒素を使って、目の前で作って頂ける。
かなりのショー!他のお客様の視線が一度にこちらに・・・。
そのシャーベットの一部を使って、娘のミルフィーユが完成。

野菜も美味しいが、その素材を生かした調理、お皿も含めた美しい盛り付け、
そして面白くて良く気の回るウエイターさん。
日本って、つくづく「おいしい」国だと思う。

もっとJapanese!
[PR]
by melissan | 2010-05-12 23:08 |

都内で海外”食”旅行

ず~っと自宅で過ごしたGW。
でも、気分だけは海外旅行♪
まずはアメリカ。
d0106242_20154784.jpg

今や至る所にできたクリスピー・クリーム。
GWなのに待ち時間5分なので、ついふら~っと。
期間限定「Cherry & Milk」。
日本人って、起用!アメリカのクリスピークリームで、
こんな可愛いドーナッツにお目にかかったことはない!(断言)
(でも、「Doughnut Holes」がないのは寂しい・・・。)

続いてフランス。
d0106242_20211675.jpg

「ボンジュール、いらっしゃいませ~。」
の掛け声とイケメンフレンチムッシューのいる、ル・モンサンミシェル
初挑戦のテロワール。
ガレットでできた器にサラダが入っていて、ビネグレットをかけていただく。
シードルと一緒に、tres tres bon!

最後はチリ。
d0106242_20294474.jpg

モアイ像の形をした瓶に入っているのはチリのお酒「ピスコ」。
ラムやテキーラなどと同様、蒸留酒なのだが、ぶどうがベースなので香り豊か。
そのままでも美味しいのだが、
d0106242_20285935.jpg

ピスコサワーにすると、止まりません!モアイくんも納得。
(ピスコサワーの作り方はこちらに。
でも、我が家には便利なピスコサワーミックスなる粉末があったので、簡単。)
[PR]
by melissan | 2010-05-10 20:37 |