旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0106242_1939484.jpg

↑ フレデリック・カッセルの看板商品、Millefeuilles Vanille (ミルフイユ ヴァニーユ)
お菓子作りは、色々挑戦してきた方だが、
ミルフィーユだけは、勝ち目なしと思い、トライしたことすらない。
そして、またも、「脱帽」のミルフィーユに出会ってしまった。
d0106242_1939778.jpg

フォンテーヌブロウと聞いただけで、スノッブな雰囲気たっぷり。
その地に、フレデリック・カッセルのブティックはある。

そのフォンテーヌブロウの、舌の肥えたお客さんを唸らせるミルフィーユと聞けば、
また関東初出店(京都のハイアットリージェンシーでは、そうそう食べに行けない)と聞けば、
仕事帰り、足は自然と銀座三越へ・・・。
d0106242_19393996.jpg

一人では食べきれない大きさ。
二人で仲良く半分こ。

しかーーーーし!

バニラの香り豊かで、上品な甘さ、さくっさくっのパイ、
一人で行けちゃったかも~~~?
d0106242_19395751.jpg

一応予備で(?)買っておいたチョコレートケーキ(名前失念)。
これが、世界で二番目においしいチョコレートケーキになるとは!!!
うれしい誤算。
(未だに私の中での世界一は、バーモント州の老舗レストラン「ヘミングウェイ」の
ホットチョコレートケーキ。)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2010-10-27 20:01 |

とらやパリ祭

d0106242_10353566.jpg

羊羹 au ショコラ。
見た目はパート ド フリュイのようだが、チョコの香り。
羊羹の食感。
羊羹とチョコのミックスされた不思議な味。

四半世紀前にニューヨークで立ち寄った、とらやニューヨーク店。
当時から、「日本の和菓子屋」ではない独特の和の世界を創っていた。
6年前再訪したのに、なくなってしまっていて、寂しかった。
当時よりはるかに日本の食文化が浸透したというのに・・・。

とらやパリ店が、今年で30周年
限定のお菓子、日本でも味わえる。
d0106242_10354557.jpg

こちらはパリ店限定のマカロン。
本場で和菓子屋のマカロンなんて、太刀打ちできるの?と思ったら・・・
d0106242_1035556.jpg

納得。
日本で販売されている彼のマカロンより、甘さ控えめな気が?

もうすぐ終わってしまうパリ祭。フィナーレは新宿高島屋で・・・。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2010-10-21 10:52 |

上を向いて歩こう♪

d0106242_2252203.jpg

夏から、よく空の話をする娘。
今度は自分の部屋から夕日をパチリ。
「綺麗だったから。」

ふ~ん。

そんなに空を見るのは、

考え事をしているから?

現実逃避?

涙がこぼれないように?

見えない将来に不安を覚えながら、

でも、♪上を向~いて、歩こうよ♪
[PR]
by melissan | 2010-10-19 23:00 | 東京生活

日本の秋

d0106242_13354173.jpg
唯一持っている茶道具はもみじ模様。
となれば、秋に楽しまねば・・・。
d0106242_13355076.jpg
もみじの抹茶茶碗に、もみじ模様の上用饅頭。
d0106242_1336032.jpg
秋らしい和菓子、「柿」。

アメリカ生まれのナンタケットバスケット、でも
日本人の私が作ったから、茶道にもぴったり?!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
                  人間の手によって紡ぎだされる「美」
                ナンタケットバスケット、木象嵌、花、などなど
                   アート関連のブログは、こちら。
                          ↓ ↓ ↓
                    
http://withbasket.exblog.jp/
d0106242_10114242.jpg

               
[PR]
by melissan | 2010-10-18 13:43 |
d0106242_11331698.jpg
時間があれば必ず立ち寄ってしまう銀座三越地下2階。
今日は、この配色に惹かれて。
d0106242_11334898.jpg
チョコの包み紙と紙袋の配色が同じ!
絶対味わってみたいと思っていた「ピラミッド」。
d0106242_15113492.jpg

d0106242_113435100.jpg
カカオの産地が色別されて、それぞれの特徴が簡単に書かれてある。
d0106242_15125228.jpg
まだ2種類しか試していないのだが、
色も香りも、当然味も、全く異なるから不思議。
コーヒーの産地とかぶるカカオの産地。
ともに、環境や育て方で、独特の香りと味を作り出している。

フランスに3人しかいないという、原材料から手掛けるショコラティエ、プラリュさん。
チョコ大好きと言いながら、コーヒーほど見分けがつかない私には、神様的存在。
あれもこれも、試してみたい!

人気ブログランキングへ←参加してみました!

忘れてはいけないのが・・・。
[PR]
by melissan | 2010-10-15 12:04 |

かぶるのは私だけ?


Night Rangerの”Good Bye"。
NHKの朝ドラ「てっぱん」のテーマ曲「ひまわり」を聞くと、
私の頭の中にはこの曲が・・・。
そう思うのは私だけ?

久しぶりに聞いたが、いやぁ、名曲だ~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2010-10-14 21:57 | 音楽
d0106242_21194521.jpg

豚フィレとベーコンのトマト煮込み。

秋らしくなったと思ったら、また蒸し暑い日の続く東京の秋。
「秋ばて」という言葉も聞く。
では、ビタミンBたっぷりの豚肉料理。

とはいえ、私らしく、とっても手抜きな料理。

豚フィレは大好きな部位。
アメリカではサーロインと呼ばれて、別カウンターに置かれていた。(なぜ?)

・・・ともかく・・・

この豚フィレ、ところどころにナイフを刺したらにんにくを丸ごと埋め込んで、
塩、コショウ、オリーブオイルでコーティングしたらオーブンへ。
このまま食べてもGood!

今回は巨大フィレが手に入ったので、
半分は、この煮込み料理に応用。
煮込みと言っても、
玉ねぎを炒めてトマトピューレとコンソメスープ、
バルナバハムの農家のベーコン(これが今回の味の決め手。昨年こちらで食して以来、
やみつき。デパートの北海道展には、これ目当てで出かけると言っても過言ではない。)
ありあわせの野菜(今回はアスパラとコーン)と一緒に煮るだけ。
調理時間10分のスピード料理。

にんにく、バルナバハムのベーコン、豚フィレオーブンロースト
の黄金トリオのおかげで、今日も、手抜きで満腹。幸せ♪
(それって、いいのか、メタボおばさん?!)

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2010-10-14 21:40 |
何かの雑誌で読んで以来、頭から離れなくなった「ホテルオークラのフレンチトースト」。
わざわざ朝食を頂きに虎ノ門まで行くのも・・・と思っていたら、オリジナルレシピを発見。
材料すべて、家に常備されているものばかり!

木村屋のゴールドブレッドにレシピ通りの卵液を一晩じっくり漬け込んで。
(12時間以上浸け込むというのがポイントのよう。
そのため、ホテルで食するためには、予約は2日前までという徹底ぶり。)
d0106242_1971421.jpg

こんなにいっぱいと思っていた卵液、朝にはすっかりなくなって、
パンはとろっとろ状態。
これをフライパンで(ホテルではオーブンで焼くそうだが)じっくりと。
d0106242_1972621.jpg

断面もしっかりクリーム色に染まって、
外はカリカリ、中はふわっふわっ。
今までの「フレンチトースト」は、なんだったんだ!と叫びたくなる一品。

特別なものを使わなくても、手間をかければ、おいしいものはできる。

今回はメープルシロップではなく、バーチ、つまり、白樺のシロップ。
メープルより濃くて、深みのあるシロップ。
カナダでは普通に売っていたのだが、日本ではめったに手に入らない。

せっかくなので、シロップも凝ってみた。

朝から、とっても幸せな気分♪

でも、やっぱり、あの雰囲気の中で、食してみたい・・・。

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2010-10-06 19:25 |

東西寿司祭り

銀座三越地下2階、東西寿司祭りと称して、東西老舗の寿司店2店ずつ出店。

東は久兵衛と志乃多寿司。
d0106242_11515920.jpg

久兵衛の太巻きも志乃多寿司のおいなりさんも、定番中の定番。
見た目も、奇をてらったわけでもなく、まぁ、普通。
でも、家の味とは数段格上の、特上品。
一つ一つの仕事に、全く手を抜いたところがない。
いやぁ、いい仕事してますねぇ。(古っ)

運動会や遠足等、何度も食べてきた。もちろん大好物。
が、この2品は・・・格別。

カリフォルニアロールで育った娘も、この太巻きには感激。

「これ、カニカマじゃない!本物のエビだ!」

・・・って、久兵衛さまに失礼でしょっ!

西は吉野寿司、浜寿司。
こちらも定番中の定番。

・・・また、買っちゃう?

銀座三越の食料品が地下2階になって、不便かと思ったが、
地下道からの入口を使えば、簡単アクセスと判明。
この入口、あまり知られていないのか、とても空いていて、便利。
仕事帰り、毎回立ち寄っちゃうかも?(それも、地下ばっかり。)
[PR]
by melissan | 2010-10-02 12:03 |