旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー

<   2012年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

やっぱり好き♡Kue

Kue(クエ)とは、インドネシア語で「お菓子」。
(決して、魚の名前でも、強要している訳でもありません。 笑)

d0106242_1818719.jpg

ジャワ島ソロのお菓子、スラビ(selabi)。
ジャカルタにもお店があって、でも大人気なので、午前中にはHabis(品切れ)に。

米粉とココナッツミルクがベースのクレープに、
甘いココナッツミルクのソースが足されて、
真ん中はとろっ、まわりはパリッ、
止まらなくなるおいしさ。

ココナッツソースの上には、チーズ、チョコ、バナナ、ナンカのトッピング。
緑色はパンダンの葉で着色。
こちらのお菓子にはよく使われるハーブ。

d0106242_18182869.jpg

かわいい深目のフライパンで焼いたら、

d0106242_18175162.jpg

バナナの葉っぱにのせて、せいろで保管。

d0106242_18172370.jpg

こちらはブギス(Bugis)。

材料はスラビと同じながら、こちらはバナナの葉に包んで蒸すと、
甘さ控えめのういろうのよう。

日持ちはしないので、その日のうちに食べきる。
(もちろん、食べ切れてしまう!)

でも、たまにはね。。。
[PR]
by melissan | 2012-01-30 18:41 |

Museum Gajah

Museum Gajah(象の博物館)の方が通じると言われる理由は↓
d0106242_1826502.jpg

博物館正面に、タイから贈られた象がいるから。
モナスの近くにある国立中央博物館。設立は1868年と古い。
d0106242_1827155.jpg




ドーリア式柱の入り口を抜けると、

d0106242_1830628.jpg



石像の並ぶ中庭を取り囲むように
展示室がある。

d0106242_18295826.jpg


現在修復中で、寂しい感じだが、

伊万里焼や景徳鎮も見られ、

d0106242_1830376.jpg



ボルブドゥール等々から運んだ石像も見られ、

d0106242_1829131.jpg



ガネーシャ!

一番、愛嬌ある神様。


新館には、ジャワ原人の頭蓋骨(レプリカだが)もあり、
なかなか面白かった。
レストランかカフェがあると、もっとゆっくりできるのだが。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-01-27 18:46 | ジャカルタ生活

もっと野菜を食べよう!

ジャカ腹に2回もなったので、生野菜や果物は、つい敬遠してしまうのだが、
d0106242_17581040.jpg

オーガニックの野菜も出回っているし、
d0106242_1758527.jpg

これで洗えば、少しは安心。

ということで、野菜を買ってはみるものの、大半は加熱調理。
その中で、今はまっているのが、
d0106242_17581684.jpg

labu siam、和名「はやとうり」。
和名があるということは日本でも手に入るのだろうが、
食べたことがなかった。
まずは塩ゆでしてみると、
d0106242_17581919.jpg

きれいな薄緑。
味は全く癖がなく、歯ごたえがあって、おいしい。

ならば、これもきっとおいしいはず・・・。
d0106242_17582139.jpg

定番、野菜のグリル。
(切って、オリーブオイルに絡めて、オーブンで焼くだけ。超シンプル!)
ミニズッキーニとはやとうり、
見た目は区別がつかないけれど、食感でわかる。

1週間に2度買ってしまうほど、ヘビロテ中。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-01-25 18:08 |

Gong Xi Fat Cai !

中国正月(春節)を、ここではイムレックと呼び、祭日となる。
ならば、ジャカルタ最大の中国寺院「金徳院」に初詣!

d0106242_22112318.jpg

お供えの果物や花であふれかえっている。

d0106242_22115845.jpg

人もあふれかえっている。

d0106242_22164560.jpg

人、人、人。。。

d0106242_22122640.jpg

ろうそくというろうそくに灯が灯され、
ピンクのお線香に火をつけて、至る所にさして、お参りする。

d0106242_2212525.jpg

お線香の煙で、目がしょぼしょぼ。。。

d0106242_2282763.jpg

今年はYear of Dragon。
普段から見かける龍の飾りも、より一層ありがたい。

d0106242_17505899.jpg

バロンサイ(獅子舞)も見られて、おめでたや〜。

d0106242_22121086.jpg

お口に喜捨を入れようとしたら、
あら、中の人と握手しちゃった。。。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-01-23 22:24 | ジャカルタ生活

繰り返し言葉

インドネシア語は、二回繰り返す言葉が多い。

pelan-pelan(プラン プラン) ゆっくり
jalan-jalan (ジャラン ジャラン)ぶらぶら散歩

名詞だったら複数を表現したり、動詞に変化したり、
形容詞だったら強調の意味だったり、
その使い方、日本人ならなんとなくわかる気がする。

それだけでなく、繰り返すことで、やさしい響きになる。

そして、この国の人がよく使う言葉。

Tidak apa apa.(ティダ アパ アパ)

ありがとうと言われたら→Tidak apa apa.
ごめんなさいと言われたら→Tidak apa apa.

の他にも、
琉球語で「な〜くるないさ〜」
英語で「It doesn't matter」
カリビアンイングリッシュ「No problem, Mon」
的なニュアンスがある。

典型O型の私が大好きな言葉に、更なるバリエーションが増えた!
d0106242_14195380.jpg

参考:こちらで値段の横に++のマークがあれば、
   税金とサービス料が加算されるという意味。
でも、これは、日本食レストランのロゴ。全然関係ない。

とはいえ。。。
[PR]
by melissan | 2012-01-21 14:23 | ジャカルタ生活

kira-kira と きらきら

5年に一度の大雨の年と言われている2012年。
確かに、今年になってほぼ毎日雨が降っている。

でも、今日は朝からよいお天気。
夕方には夕日がビルを照らして、金色に輝いた。
d0106242_23171481.jpg

こんなきれいな夕焼けを見たのは、初めてかも?

普段、↓な感じのブルーなビルも、
d0106242_2317335.jpg

今日は、ゴールドに↓
d0106242_23165665.jpg

まさに、”きらきら”。

でも、インドネシア語の”kira-kira”の意味は”about”。

確かに、この国は”きらきら kira-kira”(^ ^;)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-01-19 23:25 | ジャカルタ生活

Manggis(マンゴスチン)

d0106242_11472788.jpg

果物の旬を迎え、スーパーのフルーツ売り場を覗くのが楽しい。
昨日は「ベビーマンゴスチン」を見つけた。
左のマンゴスチンも、小さい方だが、それより更に小さい。
大粒イチゴ「あまおう」よりも小さいかも?
d0106242_11472186.jpg

ひっくり返すと、花形をした柱頭の跡が見られる。
ころんとした形もかわいいが、この部分も好き!

厚くて固い皮は、こつを覚えると簡単に剥ける。

この花形の周りを指で押していって、取り外し、
両手でぐっと押しつぶすと、容易に割れる。
d0106242_11471346.jpg

真っ赤な皮から、真っ白な実が見えると、
思わず、はっと息を飲む美しさ。

果肉はやわらかく、上品な甘み。
小粒のほうが、味が繊細な気がする。

ドリアンはフルーツの王と呼ばれ、マンゴスチンは女王と呼ばれる。
こうも、強烈な性格を持ち、その性格がまったく違う夫婦も珍しい。

ともに「ホテル持ち込み禁止」。
ドリアンは、その強烈なにおいのため。
マンゴスチンは、皮に含まれる真っ赤な色素のため。
事実、これを食べると、爪が真っ赤に染まって、取るのに苦労する。

でも、ともに人を魅了する、独特の味。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-01-18 12:05 |
d0106242_2234422.jpg

この時から、娘と行こうと決めていた、ダルマワンサホテルのハイティ。
(つまり、ブログアップが、2週間以上遅れているということで。。。汗)
昨年の大晦日、こんな素晴らしいところでのんびり過ごせたのも、
プンパンドゥ(メイド)さんのおかげ。
一生で一度の贅沢かもしれない。
(大晦日と言えば、大掃除とおせち作りが当たり前の我が家だから。)
Terima kasih banyak !

この天井の高さが、優雅さを際立たせる。

d0106242_22334793.jpg

部屋はいくつかに区切られていて、それぞれ個性ある雰囲気。
このペパーミント色、好きだなぁ。

他にも書棚が背景の部屋は、落ち着いたダークブラウン。

d0106242_22332577.jpg

紅茶も、まぁ、普通だし、(インドネシアで期待するのは無理)
サンドイッチや洋菓子は、どこで食べても大きな違いはないが、

d0106242_22333467.jpg

ここの売りは、インドネシアのお菓子もいろいろあるところ。

”もっちり”バームクーヘンとインドネシア版”アラスカ”じゃなくて”シベリア”(まちがえた!汗)
(手前二つ、勝手にネーミング。)は、
なぜか懐かしく、おいしい。
ココナツ大好きな我が家には、最高!

マフィンのように大きなスコーン、おいしいけれど1個でお腹いっぱい。
take awayを頼むと、なぜか数が倍に増えていた(?)。
ジャムとクロテッドクリームも、たっぷり。

お土産は多めに渡すというのが、こちらのおもてなしと聞いたが、
まさか、こういう時も?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-01-17 00:31 |

パダン料理@Dapua Rampah

NHKのBS1にほっと@アジアという番組がある。
その再放送が、1月、こちらのNHKで放映された。

料理研究家コウケンテツさんが、インドネシア各地を巡るもので、
昨年10月に10回にわたって放映されたものを編集し、それをニ晩にわたり放映。

さすがNHK。

ただ料理を食べ歩くだけなく、原料の収穫から調理まで、
地元の人に密着して取材している所、とても勉強になった。

また、料理研究家だけに、コメントが的確で、
何より、どんなものもトライできる勇気と、
本当においしそうに食べる様子、尊敬した。

番組を見ているうちに、パダン料理を食べに行きたくなったので、
夫の「まずは、安全な所から」という勧めに従い、こちらへ↓
d0106242_1724508.jpg

パダン料理は、町中でもよく見かけるのだが、
食べ方が変わっている。

テーブルにつくと、注文もしないうちから、次々皿に盛られた料理が並べられ、
ご飯が盛られたお皿を渡される。
その中から自分の皿に載せた分だけ、料金を支払う仕組み。
肉や魚などは2つずつ盛ってあって、1つだけなら、半額。
(煮込み料理の、ソースだけをご飯にかける分には無料、
という荒技は、番組で初めて知った。)

また、これらの料理を、手(しかも右手のみ)で食べなければならない。

・・・ということで、
今回のお店は、ホテルの中。
フォーク、ナイフ、スプーンOK。
辛さも他よりは控えめという噂。
初級者用とはいうものの、雰囲気も良いし、
夜はバンド演奏も入る。

d0106242_17245766.jpg

各テーブルには香辛料の盛り合わせが飾られている。
こういう使い方もあるなぁと、感心。

ここでは、ケースに並んだ料理を、ウェイトレスに伝え、
あとからテーブルに持ってきてもらう仕組み。
一つ一つ温めてサーブされるのがうれしい。
d0106242_172568.jpg

あまり辛くない物を選んだつもりだが、
食べ終わったあとは大汗。
肉、魚介類、野菜とバラエティに富み、
一つ一つ、手の込んだ煮込み料理が多く、
複雑な香辛料のあわせ技、癖になるのがわかる。

d0106242_1743619.jpg

このお店が入っているのは、Ambhara Hotel。
ヨーロッパとインドネシアの調和した感じが、趣き深い。
d0106242_17431750.jpg

ロビーの室内電話に釘付け!
d0106242_17433679.jpg

d0106242_17432749.jpg

同じくここに入っているCafe de France Bistroのクロワッサンも、
今の所、ジャカルタで食べた中では、No.1。
d0106242_17511242.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-01-16 00:10 |
Baby Zooでは、かわいい赤ちゃんと写真が撮れます!の宣伝にのせられ。。。

あれ?
d0106242_13313517.jpg

Babyじゃないっ!
肉球、大きい!
d0106242_1331415.jpg

どことなく、あどけなさも残るけど、
やはり森の王者の風格。
隣に座って良いと言うけれど、本当に大丈夫?
d0106242_1331492.jpg

こちらは、さすがに鎖に繋がれ、柵の中には入れない。
既に、たてがみらしきものが。。。

ベビーというには大きすぎて、こちらの顔が引きつってしまいそう。

でも、どうしてもあきらめきれなくて、
この子といっしょに撮ることに。
d0106242_13315597.jpg

遊び盛りのようで、写真を撮り終わると、
速攻、飛んで行ってしまった。かわいい〜。

予想通りとはいえ、帰りは大渋滞。
途中のCimoryで遅めのランチ。
d0106242_1332356.jpg

Chimoryは、地元では有名な乳製品ブランド。
ということで、ランプもこの形♪

新鮮なミルクを使ったシェイクがお勧め。
ウィンナーやハンバーグと言ったファミレス的な物もあるが、
やはりナシゴレンとソトアヤムを頼んでしまった。
オープンエアで、風が心地よく、景色も最高。
緑の山々を見るのは久しぶり。

久しぶりに、童心にかえった一日♪
また行きた〜い!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-01-15 00:15 | ジャカルタ生活