旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー

<   2012年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

珈琲 & kopi

d0106242_955077.jpg

この度、買って帰ったキャスウェルズのコーヒー。
クマンと空港でしか買えないと言われれば、やはり買ってみたくなる。

学生時代、のめり込んだらとことん!タイプの友人が
「この世で一番おいしいコーヒーはトラジャ。」
と言っていたのを思い出した。
さっぱりしていて、飲みやすいというのが、彼女のコメントだったが、
このトラジャ、結構、がつんとした味。

当時、KEY COFFEEしか復活させていなかったトラルコトラジャ、
きっと、ブルマンが人気を博していた、当時の日本人好みに、
ライトローストにしていたのだろうか。

6世紀、エチオピアで生まれたコーヒーはイエメンに伝わり、
1699年、東インド会社によって、ジャワ島に運ばれ定着した。
ということは、コーヒーの歴史の中では、インドネシアはかなり古い。

私が知っていたジャワコーヒーは、マンデリン、トバ、トラジャ程度。
しかし、実はこんなにある。

d0106242_955429.jpg

ジャカルタで、おそらく日本人率が一番高い、アノマリコーヒー。
ここは、インドネシア産のコーヒーのみを扱っている。
ワインのように、テイストを独自の表にしてくれているのでわかりやすい。

この表によれば、確かにトラジャは軽い方に分類されている。
まだ、ここのトラジャを飲んだことがないので比較はできないが、
ここで、アチェやマンデリンを飲んでも、さほどがつんと来ないところを見ると、
アノマリは焙煎が軽めで知られているので、やはり焙煎の違いか?

d0106242_955262.jpg

こちらは、ジャカルタ通の知り合いに紹介していただいたコーヒー。
たった3種類しか扱っていないのだが、こちらはどれも苦みとこくのある味。
今回飲んだトラジャも、ここの味に近い。

このお店、カネフォラ種のロブスタも扱っていて、
自分好みでブレンドできるのが魅力。

酸味が抑えられて、苦みとこくが強いコーヒーは、まさに私好み。
私には、”珈琲”より、”kopi”のほうが向いているのか?

しかし、やはりマメーズの珈琲はおいしい。
焙煎の仕方が私に向いていると言うことか?

最近、コーヒーの本を読んだので、いろいろ気になる。。。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-04-27 10:26 |

jahe

インドネシアでは、jahe(=生姜)は日常的に使われている。

外観はほぼ一緒なのだが、中身が、赤、白、黄、の3種類。

黄色は、日本のショウガと同じで、料理に、
白は、辛みが弱いので、飲料に、
赤は、かなり辛みが強いので、ハーブや医薬品に使われるらしい。

d0106242_16312756.jpg

マッサージやエステに行くと、最後に必ずサーブされる
jahe teh(=生姜湯)。

甘すぎたり、辛すぎたり、なかなか「おいしい」と思えるものに出会わないが、
マッサージで血行が良くなった上に、しょうがパワーで、若返った気分に。

写真は、水やお湯でとかすだけの、インスタントの粉末。
自分で濃さを調節できるので重宝。

d0106242_16312263.jpg

こちらは、Vicksののど飴、jahe味。
東南アジア限定だけあって、辛さも強烈。
痛い喉には刺激が強すぎるが、イガイガ喉はすっきりして、気持ちよい。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-04-24 16:50 |

”和洋”対決

d0106242_18382780.jpg

金の卵を思わせる包みを開けると・・・

d0106242_18382565.jpg

マロンペーストにミルクチョコがかかった「パトロン」。
マロン、生クリーム、バター、チョコレートを使った、
洋菓子の極み。

d0106242_18383026.jpg

このロゴも、ツッカベッカライカヤヌマと並んで、かっこいいので好き♪

d0106242_18381944.jpg

何度行っても、買いそびれ、こちらを買って帰ることになる。
(1ヶ月前に予約するのは難しく。。。)
もちろん、こちらも口当たりよく、絶品!
和菓子の極み。

d0106242_18381771.jpg

いつか食べたい、かずやの「煉」。

d0106242_18383537.jpg

こちらは以前頂いた、粟弦の「和洋」。

d0106242_18383225.jpg

ミルクコーヒーでキャラメライズされたアーモンドおこし。
和と洋の味があいまって、あと引くおいしさ。

「和」も「洋」も、「和洋」も、
みんな大好き、甲乙つけがたし。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-04-20 18:57 |

Kebayaカタログ

この雑誌、付録にクバヤのカタログもついていた。

d0106242_9185585.jpg

インドネシアでは、
男性の正装はバティック。
女性の正装はクバヤ。

以前訪れたパサールミスティック(布市場)。
普通の布も相当あったが、
クバヤやカインのための布が、かなりの種類あって、びっくり。
いったい、どんな風に使うのかと思っていたが、
このカタログを見て納得。

d0106242_9191379.jpg

オーソドックスなものもあれば、

d0106242_9191577.jpg

コンテンポラリーなものもある。

d0106242_9191622.jpg

こちらはドレス。
どうしても、「シンデレラのお姉さん」に見えてしまう。。。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-04-18 09:08 |

インドネシア版ゼクシィ

d0106242_8363796.jpg

空港で、ふと目にとまり、買って帰った雑誌。
家に拘束されている間、時々読み返している。
インドネシア語の勉強になるかなぁと思ったけれど、
ならないなぁ。。。

葬式も盛大だが、結婚式も盛大なこの国。
雑誌の中身も、引き出物から結婚式場、メイクアップなどなど、
日本の結婚情報誌さながら。

一番興味があったのは、地域色豊かな結婚衣装。
今回取り上げているのはスマトラ島のみだが、どれも個性あふれる衣装。

d0106242_8364377.jpg

スマトラ島北部、アチェ州。
いまだ独立紛争の絶えない、保守的なイスラム教徒の多いこの地域、
衣装も異彩を放っている。

d0106242_8363974.jpg

スマトラ島最南端、ランプン州。
ジャワ系のため、ジャカルタでも見慣れた衣装。
頭の飾りは、イスラム教の聖木、ガジュマルの、花や蔓をイメージしているらしい。

d0106242_8364213.jpg

スマトラ島南部、パレンバン州。
バティックも華やかな柄で有名なこの地域、
衣装も、小林幸子さん級!(モデルさんも、どことなく似てる?)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-04-17 09:07 |

泉屋→IZUMIYA

突然、母が「泉屋のクッキーが食べたい」と言うので、
久しぶりに買いに行ったら、あれ?ロゴがローマ字?
いつからだろう。気がつかなかった。

d0106242_1932275.jpg

私にとって、西がフロインドリーブだとしたら、東は泉屋
ともに、シンプルなデザイン、素朴な味。
ともに、歴史があり、変わらぬ味を守り続けている。

d0106242_1932596.jpg

定番の浮き輪型のクッキーは、家族みんなの好物。
でも、
アイスクリームのようなカップに入っているのは、新しい。
外袋の反対側は緑色で、これまた新しい。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-04-15 19:15 |

デーツのお菓子

飽きっぽい私が、ジャカルタに来て一番通っているお店、thamra
ドライバーに、「そんなにデーツが好きなのか?」とあきれられても、
「ここのは普通のとは違うんだよ〜。」と言い返す程。

当然デーツを買いに行くのだが、ついでにこちらも。
d0106242_1915039.jpg

デーツを使ったお菓子。
こちらもサウジアラビア産。

クッキーは今ひとつだが、チョコ菓子2種はおいしい。
一つは、お気に入りのchocodateと同じだが、
ホワイトチョコバージョンもあるし、こちらの方がチョコの量が多いかも?

インドネシア土産にはならないけれど、
めずらしいから、受けも良い。。。。と思う。(自己満足)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-04-13 05:07 |

Jeruk bali

この時期、日本の果物売り場はオレンジ色でいっぱい。
夏みかんやはっさくだけではなく、
でこぽん、ぽんかん、いよかんなどの新種(もう新種じゃないか。。。)も、
せとか、はるみ、きよみ、などのかわいい名前のものも。

南国果物の宝庫ジャカルタでも、柑橘類はある。

jeruk manis=オレンジ
jeruk nipis=レモン
jeruk pahit=だいだい は、日本とほぼ同じ。

独特なのは、
jeruk purut=ライム(和名=こぶみかん)
ライムと言うより、かぼすのような味。
葉は、生のまま、香辛料としてよく使われる。(ロリエのような扱い?)

最近はまっていたのが、
jeruk bali=ぶんたん
d0106242_821899.jpg

サイズ比較のために置いたブラックベリー。
皮が硬くて厚いので、このように剥いた状態で売られている。

あまりに大きくて食べきれないだろうと、敬遠していたのだが、
食べてみると、
歯ごたえが、夏みかんのように一粒一粒がしっかりしていて、
味は、グレープフルーツの甘いバージョン、
一切れ食べただけで得られる満足感。でも、くせになるので、次、次。。。

d0106242_822039.jpg

種が多いのが難点。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-04-12 08:29 |

可憐な花びら♪

d0106242_7594177.jpg

実家の裏は桜の園。
満開の桜を眺めていると、あれ?
もう散っているのかと思ったら、花ごと散っている。
これは、雀の仕業
桜は、花びらが一枚一枚散って行くから、風情があるのに。。。

d0106242_7594413.jpg

こちらも一枚一枚の花びらだから、
繊細で軽やか。

新宿伊勢丹限定、賞味期限も1週間。
味はヨックモックだから保証済み。

d0106242_7594640.jpg

とはいえ、この花びらはハナミズキ。
ヨックモックのシンボル。

英語名は、なんで”Dogwood”なんだろう?って、
ずっと思っていたけれど、これを読んで、納得。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-04-10 08:15 |

テロワール@目白

d0106242_2150618.jpg

この時から通いつめている「ル・モンサンミッシェル」2階が、
「テロワール」というワインバーだとようやく気づき、
いっしょに一時帰国した夫とともに訪問したのは3日前。

小皿料理はどれもおいしく、
ワインは、平日なのでふだんはボトルのみのものもグラスで楽しめ、
フランス語なまりの(とはいえ、完璧な)日本語で勧められるがままに、
一杯、二杯、三杯。。。

d0106242_2150928.jpg

リエットとテリーヌは看板商品だけあって、絶品。
これだけで、ボトルが空きそう。

「せっかくの日本だから」と食い意地と飲み意地(?)がはって、
この日一日で体重が2キロも増えた。反省。。。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-04-09 22:03 |