旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー

<   2012年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

またまた再会 ♡papabubble

d0106242_23184824.jpg

ここでも、ここでも、うれしい再会をしたのだが、
まさか、ジャカルタで再会できると思ってはいなかった。

しかも、瓶の形が違う!

d0106242_2318482.jpg

デザインも違う!

d0106242_23272535.jpg

そして、値段が安い!

d0106242_23182999.jpg

ならば、使わない手はない。
誕生日のプレゼントに。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-11-30 07:18 |

Museum Tekstil

d0106242_11161883.jpg

ちょっと、わかりづらいところにある、Museum Tekstil (Museum of Textile)。
なんと、入場料2000ルピア=16円!!

IHSに参加して、訪れる機会が増えた。

d0106242_11162774.jpg

かつてはオランダ人の邸宅だったところ。

建物は3つに分かれていて、メイン会場は、
よく展示物が変わるので、頻繁にチェックが必要。
(もっと宣伝すれば良いのに。。。気づくと終わってる。。。)

d0106242_11313542.jpg

メインの隣が織物の展示場。
なぜか、廊下にはオンデロオンデロが。
(ジャカルタのお祭りに欠かせない、ハリボテの人形。
チンドン屋のように、街の中を音楽鳴らしながら歩いていることも。)

中には、織物の原料や織り方の説明が展示され、
機織り機がいくつもあって、子供たちは体験レッスンが出来るらしい。

d0106242_11143341.jpg

裏庭には、染料になる木がいっぱい。
今回はガイドをして頂いて、説明してもらったから良いけれど、
そうでなければ見過ごしてしまう。。。

裏庭の奥に、バティック館。ここで、バティックの教室が開かれている。
1回だけの体験レッスンも可能。

d0106242_1115552.jpg

この日は、スクールバスで、子供たちが見学。
あっという間に、大混雑。
遊びながらも、ノートを取ったり、真剣に見ている子供たち。
この中に、将来の職人さんが、いるのかな。

d0106242_1132669.jpg

この博物館を一歩出ると、回りは露店だらけ。
しかも、何売ってるの?!

d0106242_11315547.jpg

がらくたから新品まで、ありとあらゆる物が売られている。
車から眺めている分には、結構楽しい。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-11-29 11:12 | ジャカルタ生活

a bear speaker

d0106242_9571093.jpg

以前にも登場した、Jojoの前に、紫のクマ。

d0106242_957413.jpg

足がスピーカーになっている。
iPodを抱えてる姿がかわいい。

シンガポールのAeropostaleで買い物したら、ついてきちゃった。
これも、娘のお土産になるかな。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-11-28 10:03 |

シンガポール土産

今回のシンガポール旅行
まずはジャカルタで買えない物を買い出し!と思っていたものの、
結局お値段高くて、次回の一時帰国までがまんすることに。

では、シンガポールらしいお土産でも、買って帰りましょう!

d0106242_10101761.jpg

スイスホテルの地下は、グルメの宝庫!
「カヌレ」のクッキーは、日本のクッキーと遜色無し。
と、すぐそばに、

d0106242_10132556.jpg

クッキーミュージアム
ここにも支店ができたのね。
エスプラネードまで行かないで済んじゃった。

d0106242_10102589.jpg

ブルーベリー、ライチ、ラズベリー。
ナッツも入っていて、食感も楽しい。

d0106242_10103628.jpg

ただ、運び方に一工夫必要かも。
普通にスーツケースに入れたら、粉々になっちゃった。。。

d0106242_101034100.jpg

こちらのコーヒーは、この時、立ち寄った「jones」で。
このコーヒー、香りが最高。

「jones」は、オーストラリア版D&Dのようなところで、
お気に入りのオリーブオイルや、フィグジャムなど、
懐かしくなって色々買ってしまった。(予想外の出費)

ただ、外国産の輸入品は、日本とほぼ同じ値段だったので、
(日本でも輸入品だから、当たり前なんだけど)
何となく得した気分に。

d0106242_10185888.jpg

番外編。
コレクターの娘のために、これも。
2012年限定ピンバッチ。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-11-27 10:05 |

地元産と輸入品

飛行機でたった一時間の距離なのに、
インドネシアとは大違いのシンガポール。
高島屋のデパ地下は、日本と変わらないし、
伊勢丹スコッツの地下は日本のスーパーそのもの。
「物産展」では、「和歌山」の物産が売られていた。
(もちろん、お値段は日本と同じ。。。な訳はなく、結構高い。)

というわけで、シンガポールには、買い出し目的で出かける在イ日本人も多い。

というのも、ここインドネシアは、輸入規制がかけられている上に、
原発事故の影響もまだ残っているらしく、
日本からの食材はほとんど入ってこない。

しかし、スーパーでは、見慣れた食品が並んでいる。
ただ、これも要注意。

d0106242_9475642.jpg

を見つけても、反対側には、

d0106242_9474942.jpg

インドネシア語。つまり、地元産。
道理で、日本の定価の半額くらい。

d0106242_9485143.jpg

おなじみ炭酸水も、一見同じ物のように見えるが、

d0106242_9483335.jpg

輸入品と地元産とでは、値段が3倍くらい違う。
(ちなみにインドネシア語で"air"は「水」、「空気」ではありません。w)

d0106242_9504566.jpg

オレオの新製品?と思ったら、

d0106242_9505182.jpg

やはり地元産。でも、こちらは韓国向けのようだ。

ヨーロッパの食料品(特にお菓子)も、かなりの種類がインドネシアで作られている。
スーパーで、「あら、安い」と思ったら、それは必ず地元産。

地元の人用に作っている物は、改良されているが、
(ポカリスエットは日本の物より甘いし、インスタント麺も豚は使っていない)
大半は輸出用。百均や、安売りのお店に、行くのだろう。

世の中のからくり、知ってしまうと、寂しい気がするのは、なぜ?

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-11-26 10:04 |

"Sang Penari" (The Dancer)

d0106242_1139106.jpg

この9月から参加しているIHS (Indonesian Heritage Society)の上映会。

今夏話題だったインドネシア映画に、英語のキャプションをつけてくれた。
たった一回限りの上映会だったので、万障繰り合わせの上(おおげさ。。。)参加。

ラッフルもあって、この収益は、Lontar Foundationに寄付される。

1965年9月30日事件当時の、ジャワ島中部の田舎の話。
小作農ばかりの貧しい村で、
たった一人選ばれる「ronggeng dancer」の存在は、大きい。

踊りが好きで好きで、恋人を捨ててまで、その踊り子になったSrintil。
Srintiが踊り子になった夜、村を出て、軍隊に加わったRasus。

時代は共産党が勢力を増している頃で、
こんな田舎にも、党員がやってきて、Srintilを利用して
字も読めない村人を、全員共産党員にしてしまう。

一方、軍の幹部に気に入られたRasusは、
文字を習い、厳しい訓練を受け、りっぱな軍人へと変わって行く。

そして、1965年の9月30日事件が起きる。
村人は、全員、何の罪かもわからないまま、軍人たちに虐殺されて行く。

さて、二人の運命は。。。

と、まとめてしまうとわかりやすいのだが、
やはりまだまだ未熟な作りだからか、非常にわかりづらい。
主人公たちの心情描写も今ひとつ。
ヒンズー教の慣習も、ムラの意識も、西洋人には理解できないだろうなぁ。

d0106242_1139075.jpg

最後に、監督のIfaさんと、主演男優のOkaさんが、
挨拶をかねて、質問に答えてくれた。

Okaさんは、誠実そうで、英語も堪能で、知的な雰囲気がある。
(さすがセレブ)
次回作は、日イ合作映画「Killers」に出演。
北村一輝と共演しているが、内容が内容なだけに、
あまり期待できない。。。残念。

監督のIfaさんは「98年世代」。
インドネシア民主化のため学生運動をしていた世代で、
現在の映画界を支えている。

「前へ進むために過去を知りたい」と、
インドネシアの暗い過去を映画にして発表し続けている。

都合の悪い部分を目隠しされて育った私達は、彼らとほぼ同世代。
過去に触れずにきたせいで、今になって領土問題、慰安婦問題と、
様々な問題が噴出している日本。

彼らの「真実への探究心」、私の心に突き刺さった。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-11-25 12:08 | 映画
d0106242_1628121.jpg

ジャカルタでも始まった、クリスマスデコレーション。
パシフィックプレイスのメインホールには、シンプルなサンタクロースのそり。

d0106242_1627479.jpg

あれ?
このそりの馬、ちょっと前のデコレーションでも見たような?
(使い回し?w)

d0106242_16273593.jpg

NYのFAOシュワルツっぽいくまさん。
でも、この方がほわっとしてかわいいかも。

d0106242_16272536.jpg

店内に飾られたクリスマスツリーが、豪華絢爛、素敵。

d0106242_1627915.jpg

おなじみの赤でも、バリエーション豊か。

d0106242_16265259.jpg

青で統一。ツリーの原型なくなってる。。。

d0106242_16264374.jpg

黒とシルバー、ゴールド、これだけ派手だと、許せる。

d0106242_16263318.jpg

これ、私的にナンバー1!
南国イスラム圏、どうせなら、このくらいやっちゃわないとね〜。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-11-23 16:46 | ジャカルタ生活

Beaujolais Nouveau 2012@Jakarta

d0106242_20332992.jpg

昨年涙の欠席をしたボジョレーヌーボー発表会
今年は満を持して、参加!

d0106242_20335591.jpg

インドネシアの休日に重なったため1週間遅れでの開催。
フリーフローですから、好きなだけ!

d0106242_20462479.jpg

今年は不作だったので、その分凝縮された味が楽しめるとのことだったが、
まぁ、味はともかく、お祭りですから、楽しんじゃいましょう!

フランス人8割、インドネシア人1.5割、残りはいろいろと言う感じ?
今年は日本人の参加はとても少なかった。

d0106242_2034167.jpg

さすがフランス。
ビュッフェのお食事も、クオリティ高し。
アクアで、こんなおしゃれな瓶、見たことないんですけど。。。

偶然お話ししたアメリカ人は、まずいと言って乾杯以降全く飲まず。
奥様だけ参加された方いわく、イギリス人のご主人は
「あんなまずい物、わざわざ飲まなくても。」とご欠席。
お国柄ですかねぇ。

新酒を祝う楽しさが理解できるのは、フランス人と日本人だけかな。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-11-22 20:42 | ジャカルタ生活

new 山水@シンガポール

d0106242_21582579.jpg

にぎやかなシンガポールの中でも、クラークキーの夜は、更ににぎやか。

d0106242_22263116.jpg

タクシーの運転手さん、「金曜の夜には来ちゃだめだよ。」だって。
ティーンエイジャーじゃあるまいし。。。
でも、心配してくれて、ちょっとうれしい。

たまたま読んだ現地情報誌に、新しい「山水」の記事があったので、訪問。

d0106242_2215262.jpg

看板メニューの一つが、竹寿司。
握らなくて良いから、これならインドネシアでも流行りそう。
ビーツのカルパッチョも、さっぱり、おいしい。

d0106242_2234568.jpg

赤鯛の塩焼きも、お勧めメニュー。
りっぱなお魚に感激!塩加減もちょうど良い。

d0106242_2205414.jpg

リゾットは、トリュフの香りがすごい!

軽めにと思っていたのに、更に明太子パスタまで完食。
飲めないと思ったワインのボトルも、空けちゃった。

ジャカルタでは、夜遊び皆無の、まじめな生活なので、
シンガポールのキラキラな世界、懐かしいw まぶしい〜!

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-11-21 21:57 |

実験的料理@Tipping Club

d0106242_21255298.jpg

ここは実験室?
いえいえ、アジアントップ20に入るレストラン。

d0106242_21271875.jpg

天井に下がっているアルコールも、すごい数。

d0106242_2132494.jpg

シンガポールの高級住宅街にあるDempsey Hill
その中にある、Tipping Clubで、ランチ。

d0106242_21275017.jpg

アミューズ1品目から、驚きの演出。
試験管のような中にはビシソワーズ。
キュウリとキャビアをくわえると同時にビシソワーズを流し込む。
ふぅむ、不思議な味わい。

d0106242_21283163.jpg

アミューズ2品目も、びっくり。
炭?かと思わせる、ズッキーニの海苔巻き揚げ。
手前は、醤油ムース。
なんと、ピンセットで。

d0106242_21275213.jpg

前菜。
こちらは、マッシュルームのグリルを水牛モッツァレラのシートでカバー。
見かけはインパクトあるけど、味は優しい。

d0106242_21284489.jpg

こちらも前菜。
フォアグラのソテー、フルーツ添え。
絶品フォアグラを、完璧な焼き加減、フルーツがなくても十分甘い。

d0106242_21294254.jpg

メインは、ビーツのリゾットを選択。
まるでキャンディのようなビーツのスライスも。
かなりしつこいので、完食は厳しい。
でも、食べちゃった!

d0106242_21315289.jpg

デザートは、チーズに。
スペイン産ゴートチーズに、スモークポテトを手でマッシュしてトッピング。
おいしいっ!

d0106242_21315628.jpg

スペシャルデザート。
ヘルシンキのolloで食べたデザートに似てる。
窒素を駆使した抹茶、カヤ、ピスタチオのほろほろ感。
くせになる!

d0106242_21315882.jpg

エスプレッソとショコラ。

ランチは3品のコースのみだが、満腹。
ディナーは6品とのことだが、食べきれないかも。。。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2012-11-20 19:46 |