旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー

<   2015年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

初夏の色

d0106242_22290418.jpg
今年もこの季節になりました♪
今年は、赤小梅に、
実家に眠っていたナポレオン投入!
梅を冷凍させて漬けたので、3日で完成。

d0106242_22290076.jpg
薄ピンクがきれい。
軽い口当たりで、飲み過ぎ注意。

d0106242_22291372.jpg
ピンクといえば、定番生姜の甘酢漬け。
今年はみょうがもいっしょに。

d0106242_22290807.jpg
ざく切り生姜の歯ごたえ、たまりません!

薄ピンクは、初夏の色。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

人気ブログランキングへ

[PR]
by melissan | 2015-05-31 22:33 |

d0106242_07575001.jpg
カラフルな包み紙に、うきうき♪
どれにしようかな〜🎶

d0106242_07575473.jpg
こちらが入っている箱も、同じくキュービック。笑
渋谷の地下でみつけたキュベット
大阪発祥のお店のようで、
東京ではまだここだけ。
1個108円のお手頃感に、
10種類の味が10種類の紙に包まれて並んでいるかわいさに、
ついつい。。。

d0106242_07573730.jpg
こちらは、超有名なカラフルマンス。
一個ずつ、あるいは2種類組み合わせて、
色々楽しめる。

d0106242_07574255.jpg
六花亭のカラフルマンス
お値段手頃なのに、合成着色料不使用。
いいね〜。

d0106242_07572776.jpg
カラフル続きで、こちらは水晶月餅。
6種のゼリーが月餅のような形になっていて、
別添のソースをかけていただく。

頂き物だったので調べてみると、
中村屋の円菓天は月餅専門店。
一口サイズの月餅も美味しそう♪

おいしいのはもちろん、カラフルなお菓子は、
眺めていても幸せになる。

ここ数日、病気の友人のことを思い、
支える仲間たちの想いに触れ、
自分の無能さにはがゆく、
本当につらい。

こんな時も、
お菓子に元気をもらう私。
美味しく味わえる今に感謝。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

人気ブログランキングへ

[PR]
by melissan | 2015-05-30 08:25 |
d0106242_09260996.jpg
アメリカ帰りの友人からのお土産、
Selezione Tartufiの黒トリュフ塩。
トリュフオイルは買ったことがあるが、
こちらは初めて。
さぁ、何にかけよう?

d0106242_09260401.jpg
まずは、シンプルオムレツに。
お、omeletteに変身!

d0106242_09260036.jpg
次に、卵サラダにラタトゥイユのせて、その上にパラリ。
おぉ、œuf salade et ratatouilleに!

d0106242_09255276.jpg
モロッコ風トマトサラダにも、ぱらり。
香りは豊かになり、味が引き締まる。

d0106242_09254802.jpg
ローストビーフにも、あう❤️

d0106242_09255620.jpg
ワカモレにも、ぱらり。
ここまでくると、何料理なんだか。。。

d0106242_09254445.jpg
極め付けは、シンプルおにぎりに、ぱらり。

イタリア産のトリュフ塩だが、
あらゆる料理に合うし、
すべてをグレードアップしてくれる、便利アイテム。

感謝。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

人気ブログランキングへ

[PR]
by melissan | 2015-05-27 09:43 |
d0106242_09054363.jpg
先週土曜日、完全な夏日の中、
新宿御苑の苑内ツアーに参加。
日に当たった緑が美しい。

d0106242_09054841.jpg
フランス式庭園は、バラまっ盛り。

d0106242_09055530.jpg
人が入り込まないように撮るのは至難の技。

d0106242_09055186.jpg
先日、マレーネディートリッヒの映画を見たばかりなので、
タイムリーなネーミング。

d0106242_09053669.jpg
この庭園を端まで行くと、正門がある。
正門とはいえ、開くのは皇族の方々がいらっしゃる時のみ。

d0106242_09571233.jpg
この門、2年ほど前に新しくしたそうで、
真ん中あたりにはお花の模様が入っている。
新宿御苑の名物桜「一葉」だそうで、
説明を受けなければ目に入らなかった。

d0106242_09054073.jpg
旧洋館御休所は、たまたま開館日。
中を案内していただく。
公園内に重要文化財が存在しているとは、これまた知らなかった。

d0106242_09060281.jpg
ツアー後は、苑内レストランで、昼食。
名前の「ゆりのき」も、新宿御苑の名木。
巨木なのに、ユリみたいな花が咲いていて、不思議。

こちらのレストラン、江戸東京野菜を使用したメニューがある。
こちらのお弁当も、味噌汁の具財はもちろん、
出汁も内藤とうがらしでとっていたりする。
後味にピリッとした感じがあって、おいしい。

d0106242_09492265.jpg
店内では、江戸東京野菜を使った食材が売られている。
お勧めの「柿の種」ならぬ「内藤とうがらしの種」。
醤油ベースと塩ベース、
ともに辛い!
でも、この辛さが爽やかで、後を引く。

桜の時期は大混雑だし、芝生しかないイメージで、
足が遠のいていた新宿御苑。
今回時間切れで行けなかった温室も魅力的だし、
別の楽しみも発見して、これから通いつめてしまいそう。
願わくば、閉園時間を延長してほしい。
4時半閉園は、早すぎる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

人気ブログランキングへ

[PR]
by melissan | 2015-05-25 09:58 | 東京生活

Bollywoodにはまる

韓流ドラマにはまっていた時期もあった私、
ここ2、3年はインド映画Loverに!

最初はイギリスやアメリカが製作した映画で、
舞台がインドというだけだった。

最初の出会いは「ダージリン急行
大好きなウエスアンダーソン監督の映画なので、
インドというよりは、主人公3人の会話と行動に集中してしまい、
あまり記憶にない。

だが、「スラムドッグミリオネア」で、インドの現状を知り、
その中でたくましく生きている彼らに興味を持った。
主人公のデーヴ・パテールの演技も素晴らしかった。

彼の出ている映画は?と探したところ、
訳ありなイギリス人達がインドにやってくる話だが、
彼らが泊まるホテルの支配人役が彼。
インド郊外の雑踏や現状が、未訪の私にはとても新鮮だった。

そして、「ライフ・オブ・パイ」がアカデミー賞を受賞。
パイ少年と虎との227日は、壮絶で、
ちょっと笑えて、最後は泣いて、
この価値観がインドらしいなぁと感動。

ここまでくると、典型的なBollywoodが見たくなってきた。

Bollywoodといえば、やはり「ムトゥ、踊るマハラジャ
これぞ、インド映画!
ラジン・カーントは、にやけたおっさんだが、
歌って踊れて、演技もうまい。

Bollywoodらしい踊りと歌が満載のこの映画で、
シャー・ルク・カーンにやられました。。。
決して好みのタイプではないけれど、
コメディアンにもなれるし、二枚目にもなれる。

ということで、彼の主演映画、「家族の四季 愛すれど遠く離れて
ここではシャー・ルク・カーンが、完璧な二枚目を演じている。

最近の映画では、あの歌と踊りが少なくなってきているが、
その分、ストーリーが深みを増して、ますます面白い。

たとえば、「きっとうまくいく
今やBollywoodを代表する俳優アーミル・カーン、
当時44歳だったが、学生役がまったく違和感ない。
なんとなく展開は読めるものの、
ハチャメチャコントあり、
典型的なラブロマンスあり、
シリアスなところもあり、
少しも飽きさせない。

そして、「マッキー
ハエがラブロマンスの主人公になるとは!
こういう発想ができるのが、インドなんだなぁ。
最後のダンスシーンは、何度見ても笑える。

感動的な映画なら、「バルフィ!人生に唄えば
身障者の話だが、まったく暗くなくて、
最後はハッピーエンド。
スリランカの景色もすばらしく、
見終わった後、しばらく余韻に浸りたくなる映画だった。

マダム・イン・ニューヨーク」は、舞台はアメリカ。
英語がまったくできないインド人のマダムが、
たった2週間で大奮闘。
男女差別、世代差で悩み苦しみながら、
普通の主婦が努力し成功する様は
見ていて胸がスカッとする。

インド料理がメインの映画は2本。
ともに、あの数段重ねのお弁当箱に入ったお料理に興味津々。
画面からインドのスパイスの香りが漂ってきそう。
ストーリーは、シリアスな問題をはらんでいるのだが、
常に明るく、最後はハッピーエンドというのが、
インド映画の特徴なのか、気持ちが良い。

そして、同じようにインドのスパイスが香ってきそうな映画は、
なんと、スピルバーグ製作のディズニー映画。
舞台はフランスだが、ヘレンミレンがいるだけで、イギリスの香りがしてくる。
ミシュラン星一つのレストランの向かいにインド料理のレストランが開店。
まぁ、よくあるストーリーで、
ハッサンのオリジナル料理も大した技が見られないが、
本来のインド料理がおいしそう。

と、最近観たインド映画を並べ立てたら、お腹いっぱい。笑
でも、まだまだ観るぞ〜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

人気ブログランキングへ

[PR]
by melissan | 2015-05-22 20:17 | 映画

”昭和”の味

d0106242_09484922.jpg
パティスリー1904のしまなみレモンケーキ
黄色い外袋にクラシックな字体。
昭和を感じる、懐かしいロゴ。

d0106242_09484549.jpg
レモンクリームがほんのり酸っぱく、
ケーキは、昭和のケーキ屋さんの味を思い出す。
この形も、懐かしい。

d0106242_09485841.jpg
ハリッツのドーナッツ。
代々木上原の細い道を入ったところに、
静かに行列ができる店。

d0106242_09485449.jpg
発酵生地を揚げた、シンプルなドーナッツ。
でも、噛むほどにおいしさが広がって、
これまた、昭和を感じる味。

昭和って、気づけば遠い昔になってしまったのね。
私にとっては、つい最近なのだけれど。。。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

人気ブログランキングへ

[PR]
by melissan | 2015-05-19 09:58 |

お日様大好き。

d0106242_15143627.jpg
あっしの特等席が、とられてしまいやした。。。
(日向にお花を置いたら、恨めしそうに見るタロウ)

d0106242_15144012.jpg
かーさん、じゃませんといてください。
(今度は、わずかに残った日向に入り込むタロウ)
d0106242_15144427.jpg
ぽっかぽか。
お日様、大好きっす。

d0106242_15190230.jpg
あ、お散歩バッグも大好きっすよ〜。
(片付ける前に、隙をついて入り込むタロウ)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

人気ブログランキングへ

[PR]
by melissan | 2015-05-16 15:20 | ワンコ生活

もったいないぞ、結城


d0106242_09213609.jpg
せっかく結城まで行くのだから、観光もしようと、
つむぎの館へ。

駅から向かう途中、古い建造物もちらほら。
登録有形文化財指定の看板も見かけるが、
観光には力を入れていないのだろうか?
人が、いない。

d0106242_09213247.jpg
平日だからか、結城紬の陳列館は、
商談室となって貸切のため、私たちは見られず。
(なんのために来たんだ?!)

d0106242_09212907.jpg
こちら、明治40年創業の結城紬製造卸問屋を、
博物館として、一般公開している。

d0106242_09212686.jpg
とはいえ、現在も使われているせいか、
説明もほとんどなく、
他所様のお宅にお邪魔している気分。

d0106242_09212342.jpg
現在も商取引があるという店舗も、
看板だけはご立派。

2000年の歴史があるという結城紬。
資料館では、その歴史と、技術の変遷が見られ、
販売店では、現代の紬の作品が見られ、
とても勉強になった。

しかし、買いたい!と思わせる物はなく。。。
30分もかからず、退散。

d0106242_09361604.jpg
地元には「武勇」という酒蔵があると言うので、
結城観光物産センターへ。
「こちらでは、酒類は扱っておりません。」
???
ということで、駅近の酒屋さんへ。
「生絞りなので、常温で持ち歩くのはお勧めしません」
???
結局、常温OKの梅酒を購入。

d0106242_09361196.jpg
日本酒仕込みらしく、麹の香りが効いている。
甘い梅酒を想像していたので、
酸っぱくてきりっとした味は新鮮。

見所も多く、歴史も古く、名産もある。
あんな素敵なカフェにはいっぱい人が来ているのに、
もったいないなぁ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

人気ブログランキングへ

[PR]
by melissan | 2015-05-15 09:44 |

”南仏”へ日帰り遠足 

d0106242_14484879.jpg
「日帰りで南仏のカフェに行こう」
という、友人の誘いに乗って、茨城県結城市へ。

カフェ・ラ・ファミーユ
住宅街と畑ばかりの道を歩いていると、突然、南仏の風景が!

d0106242_14485383.jpg
これはどう見てもフランスの田舎町。

d0106242_14483654.jpg
門の両側にある立派な木も、珍しい品種。

d0106242_14491398.jpg
お食事までの間、周りを散策。
納屋の屋根には椅子が2脚。
あそこに座ったら、どんな景色が見えるだろう?

d0106242_14490672.jpg
止まっているバンまでおしゃれ。

d0106242_14484013.jpg
終わりに近づいているモッコウバラの向こうに、窓。
金髪のフレンチ娘が今にも手を振ってくれそうな。

d0106242_14491036.jpg
お庭に続いて、畑も。
でも、この畑も、日本らしくない。

d0106242_14491713.jpg
ぶどうのつるが巻き付いた杭。
あぁ、ここは、どこから見てもフランス♪

d0106242_15024774.jpg
さて、喉も渇いたので、まずはシードルで。

d0106242_15024476.jpg
前菜はサヨリのマリネ。
カブとそら豆、カリフラワーの食感が楽しい。

d0106242_15024134.jpg
メインはパスタ。
(ガレットにも惹かれたが、卵アレルギーにはちとつらい。。。)
濃厚ソースに、豚肉と玉ねぎの甘みがぎっしり。
量も結構あって、満腹♪

d0106242_15023882.jpg
デザートはミルクジェラート。
一緒にいただくソースはさくらんぼ。

d0106242_15022935.jpg
こちらの庭になっていたものをジャムにしたそうだ。
甘酸っぱくて、おいしかった。

d0106242_15023454.jpg
こんなに遠いところに、家族経営のカフェ。
それでも、ほぼ満席で、
大半の人は私たちと同じように、遠くから来ているようだ。

アンテイークショップも併設されていて、
統一された空気感、本当に南仏にいるみたいだった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

人気ブログランキングへ

[PR]
by melissan | 2015-05-14 15:10 |

プチフルケーキ

d0106242_13472175.jpg
セルリアンタワー東急ホテルのペルトリーショップ一押しのプチフル。
1日限定3箱らしく、いつ行っても売り切れ。
ということで、三日前に予約して、ようやくゲット。

d0106242_13471701.jpg
ローラン・ジャナン氏のケーキが、
これほど美しく、美味しいのなら、
きっとここのプチフルも・・・
と、期待以上の丁寧な作り、大満足。

プチフル大好きな私だが、
今まで食べた中で最高のプチフル。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

人気ブログランキングへ

[PR]
by melissan | 2015-05-12 13:54 |