旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

行ったつもり。。。

d0106242_7105117.jpg

ともにアサヒビールとオリオンビールのコラボ。
飲み比べてみようっと。

d0106242_7104942.jpg

ならば、島らっきょうに、もずくサラダ。

d0106242_7104772.jpg

海ぶどうに、ソーキそば。

d0106242_7104356.jpg

10種類のちんすこうも。
沖縄づくしの夕食で、気分は沖縄!

d0106242_7105479.jpg

こちらは、北海道から届いた六花亭のお菓子たち。
懐かしいもの、初めてのもの、
こんなにいろいろな種類があったなんて!
ありがたく頂いています。

便利な東京と、優しい友人のおかげで、
どこにも行けない今夏、「行ったつもり」を楽しんでいる。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by melissan | 2013-08-15 07:17 |
偶然、二人の友人に頂いたお茶。
9月に入り、体調思わしくなく、早速試すことに。
d0106242_2134276.jpg

アメリカでは、よく飲んでいたヨギティー。
この”エキナセアブレンド”は初めて。
エキナセアに加え、ペパーミント、レモングラス、甘草、スペアミントが入っているせいか、
飲み心地は爽やか。
淹れたては緑茶のような鮮やかな緑なのだが、
d0106242_21344038.jpg

しばらくすると「エキス抽出されました~」的な色に変わる。
カルダモン、ローズヒップ、生姜、ゴボウ、クローブも入っているからだろうか?
血流を良くしてくれるというこのお茶、クーラー病気味の体に染み渡る。
その上、こってりな食事で疲れた胃をすっきりさせてくれる。

そしてもう一つ、友人からのお勧め。
d0106242_21471445.jpg

ゴーヤ茶=苦いと思っていたのだが、全然苦くなくて、むしろ香ばしい。
生のゴーヤは苦手だけれど、このお茶はおいしい!

これまた血行を良くしてくれるし、消化促進にも良いとか。
温かくても冷たくてもおいしい。

どちらも飲みやすい上に、効果ありそう♪
”困った時の友は真の友”。
感謝、感謝です。
               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
                  人間の手によって紡ぎだされる「美」
                ナンタケットバスケット、木象嵌、花、などなど
                   アート関連のブログは、こちら。
                          ↓ ↓ ↓
                    http://withbasket.exblog.jp/
d0106242_10114242.jpg

               
[PR]
by melissan | 2010-09-05 21:53 |

石ラー早くも3本目

d0106242_10593419.jpg

この時以来すっかりファンになった石垣島ラー油。
あれから会う人会う人に勧めてしまうので、買い足し、買い足しして、
これが我が家では3本目。
ラー油というもの自体家に置かない主義だった私にしては異例の使いっぷり。
昨日、3本目オープン記念(笑)に作ったのは、ジャージャー麺。
こぺんぎん食堂で食べたほどではないが、
ウーウェンさんの本を見ながら、麺も肉味噌も手作りしたので、自分的には満足。
麺って、面倒(しゃれになってない・・・)だと思っていたけれど、
意外と失敗なく作れて、途中から麺打ちに参加した娘も楽しげ、
試験勉強のストレス発散にちょうど良かったかも。
[PR]
by melissan | 2009-05-11 11:04 |

忘れた頃に・・・。

「忘れた頃に届きます。」と言われたとおり、
この時作ったシーサーが2ヶ月強たって、ようやく届いた。
d0106242_1023274.jpg
花織の敷物に載せて、この一角だけ沖縄。
d0106242_1026165.jpg
口を開けている「阿」がオス。
d0106242_10261322.jpg
口を閉じている「吽」がメス。
でも、オスを娘が作り、メスを夫が作ったせいか、
かわいすぎるオスとりりしすぎるメスに。
d0106242_1026355.jpg
娘いわく、口から底までがしっかり空洞になっていないといけないらしく、
かなりこだわったらしい。
もう一つ、こだわったのが・・・
d0106242_10264793.jpg
このタニシのような渦巻き。
動きのある毛にするのは、結構難しいらしい。
[PR]
by melissan | 2009-03-15 10:30 | '08Dec. 沖縄

沖縄そば

また、沖縄ネタ。
d0106242_1471638.jpg

この年まで食べたことのなかった「沖縄そば」。
沖縄の人にとって「そば」と言ったらこのそば。
しかし、そば粉は使っていないので、「そば」使用禁止令が出たものの、
沖縄限定と言うことで許可されて、今では「沖縄そば」と呼ばれるようになったとか。
d0106242_1473061.jpg

このそば、汁そばで食べるのが本道だが、沖縄物産店のおじちゃんに、
「やきそばにしてもうまいよ~。」と言われてトライ。うん、おいし~。
好きな野菜と肉をいためて、そばを入れ、たれを原液のまま加えて混ぜる。
だから、味は沖縄そば。
今回入れたのは、ここずっとはまっている塩豚。
豚塊り肉に塩をすり込んで冷蔵庫で一晩置くだけなのに、
このうまみはなんだろう?薄く切って炒めたり、ぶつ切りにしてポトフにしたり、
この味だけで調味料不要なのも、手抜き大好きな私には重宝。
[PR]
by melissan | 2009-02-27 09:05 |

現代版島唄

松ケンだし、「銭ゲバ」だし、ということであまり興味なかったドラマだったけど、
主題歌が妙に頭に残ったのでYou tubeで検索。
(おばさん、最近の曲は良く分からないので・・・。)
「かりゆし58」 ・・・沖縄バンドだ!
なるほど。
年末沖縄でず~と島唄を聞いていたせいか、琉球音階が身に染み付いていたようだ。
三線がエレキギターに変わっても、あのリズムには反応してしまう。
(国道58号線もよく走ったし!)

「さよなら」に続いて聞いたのが、
「ウクイウタ」、「恋唄」、「電照菊」、「手と手」、そして「アンマー」↓

初めて吉田拓郎の「落陽」を聞いたときのような感動!
ストレートに心に響く歌詞。
荒削りなメロディがこの歌詞にあってる。

ボブ・ディランやジェイムス・ブラントにも匹敵すると言ったら、
ほめすぎだろうか。

どの曲も、沖縄の懐かしい風景や人がそのままに。
現代版島唄だな、これ。
最近沖縄出身バンドは多いけど、彼らだけは、陰ながら応援するずら。
(一応銭ゲバにかけてみた・・・?)
[PR]
by melissan | 2009-02-26 00:39 | 音楽

ヘリオス酒造

d0106242_848288.jpg


ヘリオス酒造では他にも・・・

泡盛で作った梅酒
(これも甘くて飲みやすくておいしくて危険・・・。)や、

d0106242_8491737.jpg


黒麹醪酢(黒酢は苦手だけど、これなら飲める)などあり、
泡盛の奥深さを知った。
一日一杯で、インフルエンザもなんのその?!

[PR]
by melissan | 2009-02-03 21:38 | '08Dec. 沖縄

これこそ・・・泡盛珈琲

d0106242_21362075.jpg

一見ただのコーヒー。実は・・・
d0106242_2173427.jpg

那覇市国際通りで立ち寄った「沖縄式珈琲」。
ここの売りは「泡盛珈琲」。
焙煎の際にコーヒー豆に泡盛をふりかけるのだそうで。
ただ、そう言われればそうかなぁ・・・程度。
(コーヒーとして十分おいしいので気にかけなかった。)

で、ふと直に入れてみたくなった。
ブランデーやラムを入れておいしいように、当然泡盛入れてもおいしいはず。

これは!

想像以上に、おいし~~~!

8年ものの古酒だから、ストレートでもおいしいのだが、
コーヒーに入れると、その香りや風味がさらに増す感じ。

こちら「くら」で有名なヘリオス酒造の泡盛。
沖縄でしか手に入らないそうで、43度もありながら、実に飲みやすい。(=危険)
[PR]
by melissan | 2009-02-02 21:02 | '08Dec. 沖縄

琉球漆器

d0106242_15153972.jpg

我が家にある唯一の琉球漆器。
年末沖縄旅行でも、工房を訪ね、その奥深さに感動した。
琉球漆器の技法の中でも、琉球独自の技法が堆錦(ついきん)。
堆錦とは・・・
漆に顔料を混ぜた餅状の堆金餅を器に貼り、
線を彫ったり着色したりして絵柄に立体感を出す技法。
この堆錦餅の乾燥が沖縄以外の地域では難しいとされている。
(詳しいことはこちらで。)
我が家にある盆に描かれているデイゴも、立体感があって、色合いもいかにも琉球っぽく、
黒地に映えている。

この堆錦の技法によって30年の月日を費やし作られたのが、
昨年末訪れた平和祈念堂の平和祈念像
これを作った山田真山画伯の命日が今日だという。

この時間にテレビをつけることのない私が、なぜか今日偶然スイッチを入れ、
進んで見る気もおきない「おもいっきりいいテレビ」にチャンネルをあわせたところ、
「今日は何の日」で、この事実を知った。
単なる偶然とは思えず、”おもいっきり”見入ってしまった。

しかも先日「蒔絵」展に行ったばかり。

漆器や紅型の図案によく登場するデイゴ。
県花でもあるのだが、不吉な花としても知られている。
The BOOMの島唄の歌詞の意味を知ってしまうと、
見る度切ない思いがする。
[PR]
by melissan | 2009-01-29 15:35 |

うちな~ぐち

うちな~ぐち(沖縄言葉)の一つに「マブイを落とす」というのがある。
年末旅行中、ほぼ一日中聞いていたFM沖縄と沖縄ラジオでも、
使われていて、「わぁ、ほんとに使うんだ。」と感動(?)。

マブイとは・・・
霊魂のこと。
イチマブイとシニマブイがあり、イチマブイは生きている人間の霊魂、
シニマブイは死者(死後間もない者)の霊魂であるとされる。
遊離性、憑着性があると観念され、心的なショックや身体の不調等によって
イチマブイが離脱した(マブイを落とした)とされる場合には、
マブイグミ(霊魂込め)の儀礼が行われる。
一方、死後もこの世に留まるシニマブイについては、
あの世へ送り出すためのマブイワカシの儀礼等が行われることがある。
(『最新版 沖縄コンパクト事典』琉球新報社発行より)

先日まさに「マブイを落とす」様な出来事があり、
(分かってはいたものの、現実を目の前にして、少々慌て、その後落ち込み、そして
マブイを落とした。)ふと思い出した。

沖縄の言葉は「めんそ~れ」など、よく知られている言葉もあるが、
私はほとんど理解不能。ラジオも、大半は何を話しているのか分からなかった。
でも、なぜかくふっと笑いたくなるような、優しい響きで、耳に心地よい。

マブイグミの儀式は行わなかったけど、
うちな~んちゅ(島の人)に「ナ~クルナイサ~」(どうってことないよ。)って言ってもらったら、
元気になる気がする。
[PR]
by melissan | 2009-01-19 17:45 | '08Dec. 沖縄