人気ブログランキング |

旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Barenaked Ladies "If I had a $1,000,000"

ドラゴン桜(古い!)でも出ていたように、
「英語の構文は歌で覚えるのが一番」というのは私も同感。
中学生の頃、ビートルズの歌で覚えた英語は今でも口をついて出てくる。
(Work like a dog, sleep like a log とか。)

最近のレッスンでは仮定法が出てきた。
時制が戻るので、使いこなすまでに時間がかかるのだが、
外国人は大人も子供も良く使うので、マスターしたいところ。

で、私は歌詞を引用するのだが、何分’70・’80年代ファンなので、
まずはエリッククラプトンの”Change the World".

If I could change the world
I would be the sunlight in your universe

完璧な仮定法の構文が使われていて、それが何度も繰り返される。
名曲の上に、リズムもゆったりしているので、誰でもご存知、まねもしやすい。

でも、一番のお勧めはBarenaked Ladiesのこの歌。↓

日本人に馴染みがないようだが、アメリカでは超有名。
しかも、一度聞いたら忘れられない内容とリズム。
(You tubeにあったのは、QueenやBack Street Boysの物まねありの特別バージョン。
彼ららしさが良く出ている。)
100万ドルあったら?という、ひたすら仮定法が続く歌。

If I had a million dollers,
I would buy you a house.
If I had a million dollers,
I would buy funiture for your house.
(・・・と永遠に続く。)

トロント出身、つまりカナディアンなので、彼らの歌っている100万ドルって、
1億円にも満たない額。そして、その使い道もなんとも庶民的。
皮肉も混じって、くすっと笑いたくなるところ、とってもトロントニアンっぽい。
ひそかに流行らせたいと思っている。
by melissan | 2009-01-28 14:14 | 英会話講師生活