人気ブログランキング |

旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:タテゴトアザラシ ( 3 ) タグの人気記事

マドレーヌ島 その4

前日の犬ぞりの興奮冷めやらぬ娘、翌朝も「犬ぞり行く!」
・・・今回の旅の目的を完全に見失ってる・・・。
そこへ、今日も元気な小原さん登場。
「今日は天気持ちそうですね。だいじょうぶ、きっと見られます。」
心強いお言葉。やった!
朝食をしっかりとって、酔い止めも飲んで準備万端。いざ出発!

しばらくは畳が浮かんでいるような流氷も、その面積が大きくなり、
全面真っ白の氷の大地に。
その上にナメクジが無数に這っている?これが、もしかして?
そしてヘリコプター着陸(氷)。
360度見渡す限り、白、白、白。
南極や北極もこんな感じなんでしょう。感動。。。。
「穴に落ちないようにね。」と小原さんから渡されるアイゼン。
穴?そう、母アザラシが赤ちゃんのところに戻ってくるために穴が開いているのです。
それに、ここはなんていっても流氷の上。下は海。
恐る恐る歩を進めると・・・
d0106242_10594911.jpg
ゴマちゃん発見!まだ生まれたて。
突然の来客に不安げなのでそばに近づくのをためらう。
それにしても、想像していた通り!
d0106242_110922.jpg
小原さんに言われるままに、視線を落としてゆっくり近づく。
娘とまるで語り合っているかのようなワンショット。感動!
愛くるしい姿とゆったりとした動きに、次第に大胆になる私達。
出来ればそばに行って、触りたい!

d0106242_110292.jpg
またまたアドバイスを乞うと、
小原さん、すっとゴマちゃんのそばに行って
ハッシと押さえる。と、ごまちゃん、ご覧の通り。
あれ?喜んでる?
違うんです。恐怖で凍り付いているのです。死んだふり。
かわいそうと思いながら、固まっている隙に触ってみる。
見た目同様、ふわふわ、密集。
生まれて2,3週間しかないこの毛皮、まだ泳げず、
ひたすら寒い氷の上で母を待つためには、
必需品なんですね。
ごめんね。コワカッタヨネェ。

d0106242_10591555.jpg
絶対近づいてはいけないと言われたのが、母親がいるとき。
お母さんがいると、ゴマちゃんの顔が心なしか安心しているように見えます。
しかし、こうも似ていない親子も珍しい。
by melissan | 2008-03-02 10:48 | '01Mar. Madeleine島

マドレーヌ島 その2

まずはシャトーマドレーヌホテルへ。
とても家庭的なホテル。お食事も、量も多くておいしかった!
ムール貝のワイン蒸しが絶品でしたが、小原さんのブログによると、
温暖化のため今年はメニューにないとか。がっかりです。
海岸沿いのホテルの窓からは流氷が見えます。
とはいえ、ゴマちゃんがいる流氷は、ここからヘリコプターで1時間近く行った流氷の上。
チェックイン後、ツアー客に今後の予定の説明がありました。
「今、アザラシは一番かわいい時期です。今日も行ってきましたが、いっぱいいましたよ。」
と笑顔でお話してくださる小原さん。
でも、朝あんなに良い天気だったのに、午後になると猛吹雪。
ころころ変わる天気のために、ゴマちゃんに会えるチャンスは60%程度とのこと。
ゴマちゃんのぬいぐるみを抱えて不安げだった娘が急に元気になったのは、
次の説明を聞いたからでした。
「でも大丈夫。他にもここでは楽しいことがあります。
犬ぞり体験もめったに出来るものではありませんよ。
今は出産シーズンなので、子犬もここに来ますよ。」
犬ぞり?!といえばハスキー犬。ハスキーの子犬?!
ゴマちゃんに会えなくてもハスキー犬と会える!

案の定、初日は半分近く行ったところで悪天候のため引き返すはめに。
がっかりしてホテルに戻ると、出迎えてくれたのは2匹のハスキー!!
まだ、3ヶ月とのことで人懐っこく、めちゃくちゃかわいい!
係の人が、そばから離れようとしない娘を見かねて、子犬を貸してくれました。
まるでシロクマの赤ちゃんみたいに真っ白!ふわふわ!
ヘリコプター酔いで起き上がれない夫の周りで、娘は大騒ぎ!
午後は犬ぞり体験をすることにしました。
by melissan | 2008-02-29 09:39 | '01Mar. Madeleine島

マドレーヌ島 その1

カナダに行ったらゴマちゃんに会いたい。
カナダ赴任が決まってからずっと願っていました。
そして、赴任して最初の春休みに、いきなりその願いは叶いました。
もう9年も前のこと。
まさか現地に日本人のガイドさんがいるとは思わず、でも心細かったので、
本当に助かりました。とても親切で、いっぱいお世話になりました。
その方が、動物カメラマン小原玲さんでした。
今年もまた現地に向かったようです。
私達はトロントからまずハリファックスへ。
その後、小型機でマドレーヌ島へと向かいました。
d0106242_21361772.jpg

かわいい空港、かわいい飛行機。吹雪の中では不安になりますが、到着した日は
良いお天気でした。
by melissan | 2008-02-28 10:35 | '01Mar. Madeleine島