人気ブログランキング |

旅行・食べ物・音楽・映画などの覚書き。ワンコ生活もスタート。                        


by Melissa N.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

贅沢なバスケット

まだ習い始めて半年の木象嵌。
チューリップの後は羽を作りました。簡単そうで、実はずっと難しい。
製作中「ぜったい羽になってない・・・。」と確信するほど。
それでも、やさしい先生のおかげで、水張りテープを剥がしたら・・・「羽になってる!」d0106242_831025.jpg
あまりにうれしくて、自作のナンタケットバスケットに
つけたくなりました。
どれにしよう・・・?
目に留まったのは昨年作った試作品。
既に上には象牙をつけてしまったのでふたの内側に。
普通のナンタケットバスケットのふたの内側って、
Quarterboardをつけることもありますが、
たいていはプラグを入れたままで、なんとなくお粗末。
でも、こんな風にすれば、
ふたを開けるのがうれしくなっちゃう!

d0106242_8311554.jpg
ハンドルを留めるドームは、
贅沢にも象牙にしました。
日本の象牙はやはり世界に誇る品質。
職人さんの意気込みが伝わってきます。
時代が経つにつれ自然に入る網目模様を、
上手に生かしたこの作品、
一目ぼれしてしまいました。
本当にきれい。(写真は下手^ ^;)

d0106242_8312871.jpg

ふたの上にあるのは象牙作家に依頼して作っていただいたもの。
人間国宝級の堅物職人然としたおじい様ですが、
象牙にまつわる話は含蓄があって、人生の師匠のよう。
そして、わがままなお願いを一生懸命かなえてくださる。
こういう粋な職人さんが、東京にはまだいるんですねぇ。

これほど贅沢なものをただの試作品につけてしまった自分の大胆さに唖然・・・。
とはいえ、かなりの難産だったこの子。
チェリーとケーンを交互に入れたいと思いついたまではよかったものの、
厚みや強さがぜんぜん違う素材を、何とかけんかさせずに編みこむのは、
わがままな姉妹をなだめている母親の気分。
完成したばかりのころは落ち着かなかった二人も、
時が経つにつれ、チェリーはより赤く深みを増し、
ケーンは日焼けした肌のように色づき、
きっと支え合う二人になっているはず。(完全な親ばか・・・。)

by melissan | 2008-04-15 22:10 |

この字、「えんじゅ」と読むそうで、「縁授」とか「延寿」とかけて、
大変おめでたい樹木なのだそうです。
この槐でできた茶筒がこれ。
d0106242_0141113.jpg

どうみても、「なす」。蓋が取れるとは思えない。
でも、ヘタの部分をくるくるくる・・・。
d0106242_0134618.jpg

なんと!!へたが取れて、中蓋が・・・。
d0106242_0135934.jpg

なんとも愛らしいナスの茶筒。
この時に、おいしい金沢名産をたくさん頂いたので、東京で物産展のチラシを見て、
ふと懐かしく足を運び、予期せぬ出会いをしてしまったのでした。
ナンタケットバスケットを知れば知るほど、木に興味がわきます。
その理由はまた今度。
by melissan | 2008-03-16 21:10 |

ミニチュア

娘の部屋のおもちゃ箱。
長らく放置されているので勝手に整理を始めたら、
懐かしいものが出てきました。
d0106242_10214417.jpg

              実物の林檎とほぼ同じくらいの大きさ。
              中を開けると・・・
d0106242_10215542.jpg

           ミニチュアのティセット。
           蓋がテーブルになったり、ポットの蓋がちゃんと取れたり
           結構手が込んでます。
           私が小さい頃箱根に行った時に両親に買ってもらったような・・・?
d0106242_10213454.jpg

          ありました、ありました。
          几帳面な父が林檎の内側に購入年月日と場所まで記載。
          (なんと、全てのパーツに番号が振ってあり、おかげでこんながさつな私でも
           一つもなくさずに残しておけたのでしょう。)

思い起こせば、これが私とミニチュアの最初の出会い。
いまだにミニチュア大好き。
by melissan | 2008-02-22 21:34 |

Tulip, Tulip!

春への模様替え第2弾。
春といえば、何と言ってもチューリップ!なんです、私には。
d0106242_21282476.jpg

↑ かなり前に作ったシャドーボックスのチューリップ。
オーガニック食品のスーパーにあるカード売り場が、意外にセンスの良いカードがあって、
前々から気になっていた私。(ここのコーヒー、チーズもおいしかった!)
ある時、このカードを発見!シャドーボックスにしたら素敵と早速買い込んで、
カード4枚を適当に切って貼って、上からシリコンで固めた、いい加減な作品。
師匠は優しいので、「いいじゃない。」とお褒めの(あきらめの?)言葉をかけてくださいました。

d0106242_2128732.jpg

↑ こちらはつい最近習い始めた木象嵌のチューリップ。
これはまだ2作目ですが、ほめ上手の先生に乗せられるまま仕上げた、
これまたお恥ずかしい作品。
今だに手順が覚えられず、「せんせ~~」とヘルプコールを繰り返している
劣等生ですが、先生は明るく優しく教えてくださいます。
完成するまでどうなっているのか分からず、最後のマスキングテープをはがす時が
どきどき、わくわく。もう、すっかり虜です。
肩こり目の疲れもなんのその、メスを片手に格闘しています。
by melissan | 2008-02-18 08:44 |
d0106242_853084.jpg

ナンタケットバスケットを始めてから今年で8年。
アメリカにいる間は考えもしなかったアイデアが、ここでは次々と沸いてくるのが不思議。
東京という、流行の最先端も、古きよき伝統も、世界各国の傑作も、
全て見ることの出来る土地にいるからでしょうか。
この贅沢を、少しでも私のバスケットに生かしたい!
そんな思いで、今年の第1作目はこれ。
ヘレンドの透かしボンボン入れをイメージしつつ、
でも「どんぐり」の方がぴったり?!などと思いながら製作。
底と蓋の合体に、まだ苦戦しているものの、雰囲気はかなりイメージ通りかも。

これもひとえに木工作家先生のご協力あればこそ。
(今年も、いっぱいわがままなお願いをするかと思いますが、よろしくお願いいたします。
この場を借りてごあいさつ。)
何事も一人の力では成し得ず、日々是感謝です。
by melissan | 2008-01-28 16:21 |

秋といえば銀杏

娘の小学校にはイチョウ並木がありました。
放課後担任の先生を手伝って銀杏拾いをし、お土産に持って帰ってくると、
早速塩茹でに。おいしかった~~。

(この担任の先生との思い出、食べ物ばかり。
教育委員会へ移られると聞いたとき、当時小1の娘、「えっ?給食委員会?」)

殻割りの道具では時々実までつぶしてしまい、難しかったのを覚えています。
そこで・・・
d0106242_9514139.jpg

笹の葉卓の作家先生ご自慢の「銀杏割り」登場。
普段はあまりのかわゆさに飾ってありますが、この時期は大活躍。
ねじ方式のため、適度な力加減が調節できる優れもの。

今週初めから聖路加病院で個展を開いていらっしゃいます。
が、時間とれず・・・。この場を借りて、ご盛況、お祈りしております。
by melissan | 2007-10-16 00:40 |
先月我が家に興し入れされたお嬢様。
10月に入り、ハロウィーングッズに囲まれて、ちょっとお茶目になりました。
d0106242_19422412.jpg

今、この方に作っていただいたパーツを使ってクリスマス用の飾りを作っています。
ツリーに飾れるようにいっぱい作りたいのですが、何せ手作業、
何度も失敗を重ね、1個出来ると、前のが気に入らなくなる・・・の繰り返し。
もう少ししたらアップ出来る・・・かなぁ・・・。
by melissan | 2007-10-13 20:00 |

笹の葉卓

d0106242_9424968.jpg

木工作家であり、私のよきアドバイザーでもある方に作っていただきました。
題して「笹の葉卓」。
元はスツールとして作られたそうですが、そのフォルムの美しさ、椅子だけではもったいない!
ということで、飾り棚としてオーダーさせていただきました。
そのすっきりとして無駄のない形は、確かに笹の葉のイメージそのもの。
d0106242_10153951.jpg

完成までの間、昔作ったステンドグラスやナンタケットバスケット、母のアートフラワーなどなど
飾りたいと思ってイメージを膨らませていましたが、
実際この芸術品を前にしてはどんなものも陳腐に見えて、
まだ決まらず、なかなか我が家に溶け込めないお嬢様・・・。
by melissan | 2007-09-18 09:33 |